新着情報」カテゴリーアーカイブ

2018年シマノカレンダープレゼント!


2018年のシマノカレンダーが店頭に届きました。

今年もバイクルをご利用の皆様にプレゼントいたしますので、ご希望の方は店頭にてお申し出ください。
数に限りがありますのでお早めに!


カテゴリー: 新着情報

多機能GPSサイクルコンピュータ GARMIN EDGE1030


多機能GPSサイクルコンピュータのEDGE1000がEDGE1030になり、当店にも入荷しました。

バッテリー消費の大きいGPSサイクルコンピュータの悩みの一つ、バッテリー稼働時間が従来の15時間から20時間にアップしています。
さらに、別売りの拡張バッテリーを使用すると、最大40時間の稼働が可能です。


本体裏側マウント部分に、拡張バッテリーとの接続端子があります。


EDGE1000(左)との比較。
本体下のボタンがなくなり、ディスプレイが大きくなっています。

ナビゲーション機能もアップしていて、自転車に最適なルートを算出してくれます。
その他にも、見やすくなった画面表示や、スマートフォン連携、ライダー間コミュニケーションなど、最新機能満載です。

GARMIN EDGE1030
定価¥86,000(税別)/¥92,880(税込)
在庫状況、販売価格などはお問い合わせください。


カテゴリー: 新着情報

超小型、超低価格パワーメーターAROFLYサイクルコンピュータ


超小型、超低価格パワーメータのAROFLY専用のサイクルコンピュータ、A-PLUS Meter GPSサイクルコンピュータがリリースされました。

従来はスマートフォンアプリによるモニターのみでしたが、専用のA-PLUS Meter GPSサイクルコンピュータは、高度計センサーとGPSを搭載しているので、より正確なデータ計測が可能になりました。
記録されたデータはAROFLY Cloudへ取り込んで、より詳細なデータ分析ができます。

更に、リストバンド型心拍センサーも同時リリース。
こちらはBluetooth4.0 と ANT+に対応しているので、他社製のコンピュータでも心拍表示が可能です。


AROFLYはバルブに取り付けるタイプのパワーメーター。
空気圧の変動によりパワーを計測します。

気になるパワー計測精度は、路面の凹凸の影響などを受けたりすると誤差が発生しやすくなるので、10万円もする他社のパワーメーターとの比較はしないほうがよさそうです。
あくまでも低価格ということで、おおよその計測と割り切った使い方がGOODです。


スマートフォンでの表示はこんな感じです。
iPhoneとAndoroidに対応しています。

AROFLY
パワーメーター 定価¥16,000(税別)
A-PLUS Meter GPSサイクルコンピュータ 定価¥12,000(税別)
A-PULSE ハ―トレ―ト リストバンド 定価¥5,000(税別)


カテゴリー: 新着情報

2018年モデル RIDLEY FENIX SL・HELIUM X・LIZ SL入荷!


いよいよサイクルモードが始まりましたが、開催に合わせたように、リドレーの2018年モデル、FENIX SL、HELIUM X、LIZ SLが入荷しました!

リドレーはプロツアーでの活躍も多く、デザインも良く、そしてなんといってもコスパも優れているので、大変人気のブランドです。


HELIUM Xはオールラウンドロードモデル。
2017年にモデルチェンジをして、よりシャープな乗り心地になりました。
カラーがロットチームカラーというのも人気のポイントですね。


FENIX SLはエンデュランスロードモデル。
ロットチームのグライペルも乗るプロスペックフレームです。

写真のカラーはオランダの女子プロチーム、WM3プロサイクリングチームのチームカラー。
ブラックにグリーンのまだら模様が斬新ですが、よく見ると世界地図がモチーフになっていて大変おしゃれです。


LIZ SLは女性向けに設計されたコンパクトサイズロード。
フレームはFENIX SLと同一のエンデュランスロードモデル。
サイズはXSサイズのみになっています。

RIDLEY
FENIX SL 定価¥228,000(税別)/¥246,240(税込)
HELIUM X 定価¥268,000/¥289,440(税込)
LIZ SL 定価¥228,000/¥246,240(税込)
在庫状況、販売価格はお問い合わせください。


カテゴリー: 新着情報

2018年NEWモデル COLNAGO V2-R


少し前になりますが、COLNAGOの2018年NEWモデル、V2-Rが入荷しています。
こちらはお客様の注文品なので、店頭在庫ではありませんが、せっかくなので紹介します。


全体的にオーソドックスでシャープに見えるデザインですが、エアロ効果や剛性を考えた作りが各所に見られます。

ヘッドチューブは上下で異なるサイズを採用。

ブレーキはダイレクトマウントタイプ。
リアブレーキワイヤーはヘッドパイプ上からのルーティングで、フリクションロスを軽減しています。
Di2のケーブルはブレーキワイヤーの下を通すタイプで、見た目もスッキリしています。


シートステーはシートチューブを巻き込むようにトップチューブに繋がっています。

リアブレーキもダイレクトマウント。
メンテナンスしやすいシートステー仕様です。

シートポストはD型断面形状で、エアロ効果と剛性アップを兼ねています。


BBはコルナゴオリジナルのスレッドフィット。
BBの着脱によるフレームのダメージを軽減します。


カテゴリー: 新着情報

FC-R9100-P シマノ・デュラエースパワークランク入荷!


待望のデュラエースパワークランクFC-R9100-Pが入荷しました!

もう既に各メディアに出ているので、紹介するまでもありませんが、見た目はノーマルクランクと殆ど変わらない、おとなしいデザインです。
せっかく高いお金を出して買うんですから、もう少し存在感のあるインパクト満点のデザインにしてくれてもいいと思うんですが、この辺りはさすがシマノさん、性能重視な作りになっています。


パワーセンサーはクランクアームの歪みで計測する仕様。
センサーは薄い作りになっているので、殆どのフレームに取り付け出来ます。


左右のセンサーを繋ぐコネクター部分はシンプルな作りで、着脱の際の手間も殆どかからない作りです。
この辺りもさすがシマノさん。


カテゴリー: 新着情報

2018年モデル ORBEA ORCA OME / オルベア・オルカOME


オルベア・オルカシリーズのエンデュランスロードモデル、オルカOMEが入荷しました。
上位モデルのオルカOMR・OMPの技術を取り入れつつ、快適性を重視したモデルです。
コンポーネントはTIAGRAを採用して価格もぐっと抑えています。


上位モデル譲りのヘッドまわり。
ボリュームあるデザインがGOODです。


シートまわりはOMPのデザインを取り入れています。


フロントフォークとシートステーは湾曲させずストレートな形状。

ORBEA ORCA OME
定価¥250,000(税別)/¥270,000(税込)
在庫状況、販売価格等はお問い合わせください。


カテゴリー: 新着情報

2018年モデル RIDLEY FENIX C 105完成車 入荷!


RIDLEY FENIX(リドレー・フェニックス)の2018年ニューリリースモデル、FENIX Cが入荷しました。

フレームはFENIX SLと同じ形状をしていて、カーボンの強度を少し抑えたモデルです。
フレーム剛性はFENIX SLとほぼ変わらず、コストパフォーマンスを格段に上げました。

乗り味はFENIX SL同様振動吸収性に優れたエンデュランスオールランドモデルで、これからロードバイクを始める方や、ロングライド好きな方に最適なモデルです。

コンポーネントは105フルセット。
ブレーキアーチやクランクまでもオール105仕様です。


カラーリングはロット・ソーダルチームカラー。
真横から見ると殆どブラック一色ですが、角度を変えると全く違う印相になります。

FENIX C 105完成車
定価¥260,000(税別)/¥280,800(税込)
在庫状況、販売価格などはお問い合わせください。


カテゴリー: 新着情報

MAVIC ロード・チューブレスホイール UST


MAVICより待望のチューブレスホイールがリリーススされました。

ロード用チューブレスホイールが一般化されて10年近く経ちまして、発売当初はかなりの注目度だったんですが、その扱いの難しさからいまいちメジャーになりませんでした。

走行抵抗の少なさや乗り心地の良さ、パンクに強いなど、チューブレスタイヤにはいろいろとメリットがありますが、着脱が難しく空気が入れにくいというデメリットが普及を阻む要因でした。

今回MAVICはホイールとタイヤをZEROから設計し直し、ロード用USTシステムを開発しました。

タイヤの装着、取り外しにはタイヤレバーは必要なく、殆ど力も要らずに簡単に作業出来ます。
空気を入れるのも簡単で、今まではビードの位置などを整えたり、一気に空気を送り込む必要がありましたが、USTシステムは普通にポンピングすれば簡単にビードが上がるようになっています。

クリンチャーの作業性と、チューブラーの乗り心地を一つにしたようなチューブレスシステム、気になるアイテムが増えました。

 


カテゴリー: 新着情報

NEWアルテグラR8000シリーズ入荷!


新型のR8000シリーズ・アルテグラコンポが入荷しました。

大きな変更点は、R9100シリーズで採用されたシャドー式リアディレイラーとコンパクトになったフロントディレイラーです。

リアディレイラーは、外側への張り出しが少ないシャドーデザインになり、外部からの衝撃トラブルやエアロ効果を高めています。

フロントディレラーはロングアームからコンパクトな形状になり、スムーズなシフティングを可能にしています。

その他のパーツに関しても全て変更が加えられ、より使いやすく、より高性能な完成度の高いコンポになっています。


カテゴリー: 新着情報