2018/04/01 顔振峠

2018年4月1日 晴 14℃(スタート時) 96.2km
コース 飯能~吾野~顔振峠~東吾野~東峠~山王峠~笹仁田峠

参加メンバー
BEA-BEA・tao・ホリケン・barbar・you大・かさじ・T上・リーダー



桜満開の中、元気にロングへ行ってきました。

コースに選んだのは、飯能の顔振峠。
顔振峠はバイクルでもよく訪れるコースで、鎌北湖、東吾野、吾野からアプローチする3ルートが御用達で、今回は定番の吾野から上る激坂コースを選びました。

天気は雲一つない快晴で、風もなく暖かで、しかも桜満開という究極のサイクリング日和になりました。


多摩湖堤防からの眺めは最高でした。
今日は無風なので、湖が鏡のように景色を反射していました。


飯能を目指して狭山茶処を快走中。

今日はとにかく、桜三昧。
どこへ行ってもきれいに咲いているという、最高に贅沢なサイクリングを楽しみます。


飯能でいったん休憩を入れたあとは、上り口の吾野を目指して国道299号線を進みます。
このあたりから起伏が多くなり、短いアップダウンを繰り返します。
知らず知らずのうちに疲労が蓄積されるので、ペースに気をつけながら走ります。


顔振峠の麓に着いて、いよいよ激坂ヒルクライム開始します。
この峠道は約3kmほどの道のりで、開始から約2kmくらいまでの傾斜がきつく、とにかくこの2kmをどやって攻略するかがポイントになります。

開始早々は集団のまま上っていますが、すぐに傾斜が上がり、ペースが合わせられなくなってしまいます。
次第に呼吸が荒くなって、心拍数はほぼMAX。
足も呼吸もいっぱいになった状態で激坂を上っていきます。

いくつもの九十九折りを進みますが、なかなか斜度が緩みません。
次第に意識が遠のいて、気力もなくなった頃、ようやく激坂が終了。
残り約1kmは少し傾斜が緩むので、余力でがんばってなんとかゴール。


全員無事に顔振峠に到着しました!


峠で小休止したあとは、ランチを目指してグリーンラインを先へ進みます。
ここも桜がきれいで、これまで上ってきた試練を癒やしてくれました。


目的のランチは、バイクル御用達のベラビスタさんでいただきました。
ここのテラスからの眺めは最高で、しかも食事もとてもおいしく、至福の時が過ぎていきます。

思わず帰りたくなくなりますが、そうもいかず、気持ちを切り替えて帰路もがんばりました。
食後のデザートは、東峠~山王峠~笹仁田峠を越えるコースをがっつりと楽しみました。
ご馳走様でした!



カテゴリー: ロング パーマリンク