2018/04/22 30周年記念ラン/子ノ権現

2018年4月22日 晴 21℃(スタート時) 100.5km
コース 笹仁田峠~山王峠~天目指峠~子ノ権現~飯能

参加メンバー
BEA-BEA・じゃみー75・ニャンジロウ・Shioshio・tao・T上・ぶ~りん・かさじ・barbar・リーダー



今回のロングはバイクルの30周年を記念しまして、バイクルの聖地「子ノ権現」へ行ってきました。
20周年の時は峠を20個(小さい丘も含め)超える記念ランを行いましたが、さすがに30個の峠となると参加者がいなくなると思ったので、聖地子ノ権現を選びました。

子ノ権現は、バイクルのロングのなかでも上位に入る激坂コース。
毎年始めに初詣ランで走るのでコースはよく知っているのですが、寒い時期にしか走ったことが無く、しかも今回は気温が30℃近くまで上がるということなので、いつもとはひと味違う試練になりそうです。


市街地を抜けたあと、最初の山、笹仁田峠を越えて、次に目指すのは山王峠。
ここはそれほどきつい峠ではありませんが、それでも勾配は10%あるので、この先を考えて温存してクリアします。


山王峠を越えて、名栗川沿いを10kmほど進んだあと、最初の難関天目指峠を越えます。
道のり約2.5kmで約200m上る、平均勾配9%弱のなかなか厳しい峠道です。


序盤はゆっくりスタートしましたが、徐々に勾配が増し、足を削っていくコースです。
メインの上りに備えて温存しているつもりでも、峠に着く頃にはかなりの消耗具合です。


無事天目指峠に到着しましたが、すでに疲労困憊です。


天目指峠を下りきると、いよいよ子ノ権現への約3kmの上りがはじまります。
小休止して、全員一斉にスタートしました。


序盤は足の様子をうかがいながら比較的緩いペースで上ります。


1kmも進まないうちに傾斜がきつくなり始めます。
メンバーのフォームや隊列にも乱れが出はじめました。


1km・2kmと激坂を進み、残り1kmになるとさらに勾配が増してきます。
ここから先は傾斜との我慢比べ。


ラストの100mは更に勾配が増して、ゴール直前は壁のような坂になります。
最後の一踏みまで気を緩めずになんとかゴールにたどり着きます。


上りゴールに着いてほっと一安心。
今回は暑さも加わって、なかなか手強い子ノ権現の上りでした。


上ったあとはみんなで参拝。
金のわらじ前で記念撮影!


帰路も順調に走って、ホームの多摩湖まで帰ってきました。
みなさんお疲れ様でした。
そしてこれからもよろしくお願いいたします。


カテゴリー: ロング パーマリンク