楽しかった夏休み

9月になって、
子供たちの夏休みも終わって、
少し涼しくなって、
ホッとしてるここ数日です。

かなりの久方ぶりのブログでのつぶやきは、
我が家の家族史に残る夏休みのご報告です。

まず、今年だから特別なこととして、
下の娘が中三の受験生ということで、
高校の学校見学に母娘でいそしみました。

本人の成績を気にしながら、
入学できそうな高校、
興味のある高校、
自転車で通学できそうな高校、
締めて7校!

あとは、
本人が行きたい高校を決めて、
本人のやる気に任せるしかありませんが、
母として出来ることは頑張りましたーっ。

さて、
そんな受験生がいるにもかかわらず、
我が家の最初で最後になるかもしれない家族4人揃っての旅行に行ってきました。

ことの始まりは大学4年生の上の娘が就職の内定をいただけた6月、
「福岡(私の実家)のおじいちゃんとおばあちゃんに会いに行こうかなぁ」
と、言ってくれたのです!

なにせ、娘たちの中学入学後は田舎に連れて行くこともなく、
私の父母にはすっかりご無沙汰させてしまってましたが、
この娘の気持ちが変わる前に、

一大家族旅行を計画したのでございます!

この家族旅行の第一目的は、
福岡の私の実家に行って爺婆に孫娘たちを会わせることですが、
この際、いろんなレジャーをぶっ込んでみました。

まず、交通手段はマイカー移動。
大人4人で福岡までの公共の交通費を計算すると、
当然お高いです。
幸い上の娘も免許とって3年以上で車の運転は問題ないので、
旦那様、私、上の娘の3人で長距離運転を分担できることで、
移動手段の利便性を確保しました。

それに、
一昔と違って今は「ETC割引」がなかなかお得なんですね。
土曜日の夜中に出発して東京から福岡まで深夜割引でしょ。
次の日曜日は休日割引でしょ、
東京に戻った日も夜通し走行しての深夜割引で、
高速道路料金全体の3割強はお安くなったのは嬉しい限りでした。(*⌒▽⌒*)

それでは、今回の「家族みんなが楽しめる旅行」内容をご紹介します。

先にも書きましたが、
第一の目的は、福岡の私の実家に行って爺婆に孫娘たちを会わせること!

なので、
第1ステージは、
東京から一気に福岡まで高速ドライブの移動です。
上の娘→私→旦那様→上の娘→私→旦那様、
このローテーションを約2時間おきもしくは約200kmで交代・休憩しながら12時間で、
途中、広島のサービスエリアでは、
宮島の厳島神社を眺められたし、

下関の壇ノ浦パーキングエリアでは、
関門海峡をまたぐ関門橋を足下から見上げて感動したりして、

距離にして約1100kmでした!

福岡に着いて実家に行く前に、
長距離ドライブの疲れを癒しに日帰り温泉に入って食事をして一休みです。

福岡といえば「太宰府天満宮」なので、
下の娘のため合格祈願は避けられませんでした。

ついでに縁結びの御利益のある近くの「竈門(かまど)神社」も行って、
そこは恋愛の縁結びで有名ですが、
お客様とのご縁がありますようにとお願いも忘れずにしてきたので、
皆様には、
これからもバイクルプラザミツイキとのご縁をよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

さて、気分もお腹もリフレッシュして、
私たちの到着を首を長ーくして待ってる爺婆の元へ、
太宰府ICから八幡ICまで小1時間のドライブで私の実家にむかいました。

上の娘は9年ぶり、
下の娘は3年ぶりの爺婆宅は、
相変わらずの田舎っぷりでして、
庭先までの約100mは車1台やっと通れる道幅の狭さで、
住まいには未だエアコンが無くって、
山に囲まれているので当然虫のオンパレードです。
蝉の鳴き声が騒音のようです。本当に。

とにかく、虫刺され防止スプレーは一時も手放せません。
せっかくなんで実家の氏神様の「朝霧神社」に長い石段を登ってお参りしてきました。

虫刺され防止スプレーを全身に噴霧しても大量の蚊にたかられて、
都会育ちの娘たちは、
ただただ悲鳴を上げるばかりでした・・・。

それでも、夕方になり日が傾いてくると、
山肌をなめて吹いてくる風は都会とは違う涼しさを感じさせてくれるんです。
周りに民家が全然隣接してないし、
エアコンの室外機の熱や道路のアスファルトの照り返しも無いし、
自然の緑が冷やす空気で、
真夏でも夜は涼しくなるんですよ。

虫は減らないけど・・・。

そして、その夜は私の兄家族も集まって、
地元の温泉リゾートホテルで食事して、
爺婆共々宿泊して、
夜風呂・朝風呂と私が母の背中を流してるのを見た娘たちは、
自分たちも近い未来(?)、
同じように親の世話をするんだろうと感じたそうです。

私の両親はもう超高齢なので、
「冥土の土産が出来た」って言ってるのを聞いて縁起でも無いけど、
私なりに親孝行が出来て嬉しかったです。
次の日の朝、ホテルで両親を見送り、ホッとしました。

何はともあれ、旦那様と娘たちに感謝感謝です。

そして、家族旅行の第2ステージです。

ここからは、
とにかく家族が満足できる観光をしました。

まずは福岡のきれいな白浜の海と宮地嶽神社。

あの博多駅前の陥没現場を車中から見学。

数ある中から見つけた「元祖長浜ラーメン」を食べて、

大濠公園でスワンボートに乗ったりもして、

私の故郷を私の家族に堪能してもらいました。

なんだか、私のルーツを少しでも触れてもらったことが嬉しかったです。

その福岡観光の夜は、
新門司港からカーフェリーに乗って大阪までフェリー泊です。
カーフェリーなんて初めてだったから、
何もかも珍しくてワクワクして楽しかったーっ。

甲板に出て、夜の海に黄昏れたり、

フェリーが明石海峡大橋をくぐる時は感動しました。

第3ステージは、
翌朝大阪南港についたらそのまま、
「ユニバーサルスタジオジャパン」へ直行です。


新アトラクションの「ザ・フライング・ダイナソー」はやばかった・・・。
こういうのが苦手な旦那様は、
こんなのに乗ること自体が信じられないと、
1人で下から見上げてました。

当然閉園まで目一杯遊んで、
その晩は大阪市内のアメリカ村近くのホテルに宿泊です。
もうクッタクタでしたが、
部屋風呂じゃ無くて、
ホテルの天然温泉の大浴場があったので、さっぱり。

それから、大阪市内の道路は、
広くて車線がいっぱいだし、
路地は一方通行ばかりだし、
それなりにカルチャーショックでした。

いよいよ家族旅行も大詰めの最終日第4ステージは、
旦那様と下の娘、
私と上の娘の二手に分かれて別行動となりました。

旦那様たちは、
アメリカ村でショッピングして、
心斎橋で串揚げやたこ焼き食べて、
通天閣で大阪文化に感銘を受けたようです。


私たちは上の娘のかねてから希望で、
夏の全国高校野球大会を観戦に阪神甲子園球場に行ってきました。
第一試合から第三試合の途中までいて、
あの、暑い雰囲気に感動してきました。

そして、その日の後半は、
「なんばグランド花月」で待ち合わせて、
よしもと新喜劇でナマの芸人さんに大いに笑わせてもらって、

最後の最後は、
「あべのハルカス」の展望台に上って、
大阪の夜景をバッチリ見て、

午後10時前に大阪阿倍野から高速に乗って、
一路東京に戻りました。

帰宅したのは翌朝4時前。

車の走行距離は、

1,941km。

帰宅後、
気力を振り絞って洗濯機を3回まわして干して、
ベッドに潜り込んで、
夕方前まで爆睡でした。

これにて我が家の夏休みの報告終了です。
こんなロングストーリーを最後まで読んでいただいてありがとうございます。
m(_ _)m

慣れない長距離ドライブで、
ちょこちょこ戸惑ったところもありましたが、
計画的にお盆の時期を避けて、
これといった渋滞も無く、
事故やトラブルも無く、
懸念してた台風5号もなんとかくぐり抜けて、
文句なし記憶の残る楽しい旅行でした。

次は10年後!?

もう少し年をとってから、
旦那様と2人で爺婆旅行に行けたら良いなぁ。

なんつって!

カテゴリー: 家族, 旅行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*