ロング」カテゴリーアーカイブ

2020/10/18 風張峠

2020年10月18日 晴 15℃(スタート時) 131.65km
コース 奥多摩湖小河内ダム~風張峠~都民の森

参加メンバー
omiemon・じゃみー75・tao・T上・you大・さく・リーダー



COVID-19感染拡大予防対策でロングとバーチャルを交互に活動中で、今回はロングデー。
前日深夜まで冷たい雨が降り続いたのでロング開催が心配されましたが、朝には晴れ間がのぞくようになり無事スタートできました。

気温は20度くらいまで上がる予報が出ていたんですが、朝はかなりの冷え込みで、ウェア選びをかなり迷いました。
メンバーの出で立ちは短パンにアームカバーから、ニーウォーマ、レッグウォーマ、シューズカバーに腹巻まで、色とりどりとなりました。


時間とともに気温は上昇し、路面も乾いて気持ちいい自転車日和になりました。


奥多摩湖小河内ダムまでは絶妙なペース配分で進みまだまだみんな元気です。
ダムに着いた途端に曇り空になってちょっとひんやりしてきましたが、モチベーションに変化なしです。


小河内ダムで小休止した後は奥多摩周遊道路で風張峠を目指します。
約10㎞のヒルクライムになりますが、長い自粛期間で鈍った体にはかなり過酷なチャレンジです。
開始早々からペースを上げたり、メンバーの様子を伺いながら上ったり、ひたすらマイペースで上ったりと、それぞれのペースになりましたが、最後は一様に疲労困憊となりました。


長~い長~いヒルクライムを無事終えて風張峠に到着できました。
足も腰も体中がボロボロになりましたが、なぜかみんな満足感でいっぱいです。


都民の森にも立ち寄りました。
なんと今年初です。

帰路も気を緩めず、いつもの高速トレイン。
辛くて楽しいロングになりました。


カテゴリー: ロング

2020/10/04 山伏峠~正丸峠

2020年10月4日 曇 22℃(スタート時) 107.79km
コース 山伏峠~正丸峠

参加メンバー
じゃみー75・nao56・さく・omiemon・you大・リーダー



昨日の走行会に引き続き、およそ半年ぶりにロングを行いました。
まだまだコロナ禍は落ち着いてはいないので、ただ簡単に元に戻すのではなく、感染予防対策を行いながら、新しいスタイルで活動していくことになりました。

この長い自粛期間にはバーチャルグループライドを活用してきましたが、しばらくの間はロングとバーチャルを併用して活動していこうと思います。


久しぶりのロングになったので、大半のメンバーは体が鈍っていることもあり、様子をうかがいながら走ることになりました。
集団走行は密にらないよう、少し間隔を空けて走りましたが、これがなかなか難しく、また風除けにもならないので、結構疲れました。


メインの上りの麓、名郷に到着。
久しぶりのヒルクライムを前にちょっとドキドキの瞬間です。


ヒルクライムは山伏峠~正丸峠まで通しで行いました。
中盤くらいまでは会話をしながらゆったり上りましたが、徐々にペースアップし最後は追い込むところまでもっていきました。

バーチャルライドを行っていたので、筋力や心肺機能は完全には落ちていませんでしたが、それでもいろいろなところで体がうまく動かず、なかなかのギクシャクぶりが楽しかったです。


久しぶりの集合写真も無事に撮れました。
長~い自粛期間では当たり前のことのありがたさや、コミュニケーションのあり方などいろいろなことを考えさせられました。
こうしてロングを行えることに感謝ですね。


カテゴリー: ロング

2020/03/22 山伏峠~正丸峠

2020年3月22日 晴 14℃(スタート時) 106.5km
コース 山王峠~山伏峠~正丸峠~山伏峠~小沢峠~バーディー坂

参加メンバー
BEA-BEA・ホリケン・tao・barbar・けい・nao56・じゃみー75・T上・omiemon・かさじ・さおりん・リーダー



今回も検温、除菌、体調管理の条件付きでロングを行いました。
コースに選んだのは定番の正丸峠。
先週は峠の上でマイナス2℃に震えましたが、今回日中はかなり気温が上がる予報です。
メンバーのウェアもかなり軽装になり、アームカバーやニーウォーマーなどが目立ちましたが、中には真冬のタイツにウィンドブレークジャケットのメンバーもいたりと、色とりどりでした。


アプローチの多摩湖サイクリングロードは桜がかなり咲き始めました。
今世の中は暗いニュースばかりですが、きれいな花を見ると気持ちが明るくなります。


朝のうちは空気が冷たくひんやりしていましたが、市街地を抜けるころにはかなり暖かくなってきました。
ウェア選択の差がここではっきりしました。


順調に進んでメインのヒルクライムゾーンに入りました。
ぞろぞろとゆっくりスタートして、いつものように徐々にペースを上げていきます。
時期的にまだからだができていないメンバーが多く、必死に走っている割にスピードは上がりませんでしたが、楽しくヒルクライムを満喫しました。


いつもは山伏峠~正丸峠まで通しで上りますが、山伏峠で帰宅するメンバーがいたのでいったん集合写真を撮ります。
このあともう一度追い込んで正丸峠にゴールしました。


ちょっとインターバル的な追い込みになり、疲労困憊気味の記念写真です。
お疲れ様でした。


今回ランチは山伏ベースさんでいただきました。
日差したっぷりで、暖かいを超えてちょっと暑さを感じましたが、ゆっくりした時間を楽しませていただきました。


カテゴリー: ロング

2020/03/15 松姫峠

2020年3月15日 晴 7℃(スタート時) 153.27km
コース 小平~奥多摩湖~松姫峠

参加メンバー
BEA-BEA・じゃみー75・tao・nao56・omiemon・ぶ~りん・さおりん・かさじ・リーダー



世界的に新型コロナウィルスが猛威をふるう中、バイクルでは3月に入ってクラブ活動を自粛していましたが、検温、除菌、体調管理をしっかり行うという条件付きで、クラブ活動を行うことにしました。

今回のロングは少し長めに走るガッツリロングデーということで、普段と違うコースをと考えましたが、なんと前日に雪が降ってしまい、峠という峠は積雪してしまいました。
時間的に峠に到達するお昼頃には雪も溶けるだろうという淡い期待をして、奥多摩湖周遊道路にコースを決めつつ、上り口まで行って通行止めだったら他のプランを考えましょうということでスタートしました。


天気は申し分ない自転車日和。
朝のうちは前日の雪の影響で気温も低めでしたが、時間と共に暖かくなってきました。
雪をかぶって真っ白に見えていた山も次第に青色を取り戻してきています。


順調に奥多摩湖小河内ダムまで来ました。
なんと周遊道路方面の山は真っ白です・・・。
ここで周遊道路の通行止め情報を確認すると、残念ながら解除されていませんでした。

気を取り直して次のプランを思案し、近くにある松姫峠へ行ってみることにしました。


小河内ダムでしばらく休んだあと再スタート。
湖畔沿いの景色もいつもとちょっと違います。


深山橋を左折し、周遊道路の入り口を念のため確認すると、通行止めの看板がしっかり設置されていました。
次々にバイクや車が来ては引き返していきます。
バイクル一行はそのままスルーし小菅方面へ進みます。


今日のメインになった松姫峠の上りに入りました。
開始早々路肩には残雪があって行く先が不安になりましたが、行けるところまで行ってみましょうということで峠を目指すことにしました。


次第に路肩の雪が多くなってきて、更に路面もびしょびしょです。


ところどころは道いっぱいに雪が覆ってたりして、なんとか車の轍を選んで進みます。
毎回雪が現れるたびに、この辺りで諦めようかなと思いますが、なんとか進めてしまいます。


峠道も後半に差し掛かり、最後まで行きたいという気持ちが強くなってきました。


そしてついに峠に到着!
下りのことも心配ですが、まずは達成感でいっぱいです。


全員無事に峠に到着できました。
いつもとちょっと違ういつものショットになりました。

下りは路面が滑ることが心配でしたが、そんなことより手がかじかんでしまってブレーキレバーが握れず大変でした。
なんとか下りきることはできましたが、体がカチカチに冷えてしまって、近くの自販機で暖かいものをおかわりしてしまいました。

そのあともポツポツ雨に降られたりなどありましたが、無事帰宅することができました。
また思い出に残るロングが一つ増えました。


カテゴリー: ロング

2020/02/23 江ノ島

2020年2月23日 晴 9℃(スタート時) 120.72km
コース 江ノ島

参加メンバー
BEA-BEA・nao56・ホリケン・you大・tao・omiemon・T上・ぶ~りん・barbar・リーダー



バイクルロング春先の定番コース、江ノ島へ行ってきました。
じつは江ノ島ロングは一週間前に雨で中止になっていて、今回リベンジというわけではないのですが、急遽候補に上がったんです。

江ノ島ロングは距離やルート、風向きやグルメなど、いろいろとロスが多いので、時間制限のある通常ロングでは行わないのですが、がんばれば可能なのでは・・・?という安易な提案にみんな乗っかって、コース決定してしまいました。

コースが決まればあとは成功に向かって実行あるのみ。
スタートと同時にハイペースで進みました。


天気は快晴。
風もあまりなく、この時期にしては暖かさを感じる自転車日和です。


多摩川を越えて東京オリンピックのコースにもなっている尾根幹線に乗ります。
ここは起伏が多いコース。
普段よりハイペースなため心拍数が上がります。


町田からは境川サイクリングロードに乗ります。
この道は江ノ島まで下り基調で続いているのですが、道幅がそれほど広くなく、歩行者にも注意が必要で、なかなか快走しにくいコースなんです。


要所要所では川の対岸に渡ったり、道路を横断したりもしなければならず、巡航速度を必死に保って進みます。
しかも途中から向かい風になり平坦とは思えない疲労感です。


向かい風に負けず、いつもより速い時間に江ノ島に到着しました。
記録更新ですが、帰りのことを考えるとギリギリのタイムです。


時間ギリギリでもいつもの集合写真は忘れません。
海をバックにパチリ。


今日一番の目的は江ノ島グルメ。
海鮮中心のメニューを美味しくいただきました。


お腹いっぱいになってゆっくりしたいところですが、帰路もがんばります。
毎年のことですが、この時期の復路は猛烈な向かい風になります。
今年も嵐のような風にあおられながら、必死にペダルを漕ぎ続け、なんとか時間通りに帰宅できました。
みなさん、大~変お疲れ様でした!
また行きましょう!


カテゴリー: ロング

2020/02/09 奥多摩湖小河内ダム

2020年2月9日 晴 4℃(スタート時) 104.87km
コース 奥多摩湖小河内ダム

参加メンバー
nao56・tao・かさじ・さおりん・リーダー



今回は冷え込みがかなり強かったので、コース選びはどこか暖かいところへ・・・ということになり、陽だまりのある奥多摩湖小河内ダムへ行ってきました。

天気は快晴で日差しも強かったんですが、とにかく気温が低く、更に北風が強く吹いていたので、ちょった試練という感じのロングになりました。


市街地を抜ける頃には気温も少し高くなってきましたが、強風のため体が全く温まりません。
しかも風にハンドルを取られて、かなり危険な状態。
青梅を過ぎた辺りでコンビニ休憩中、思わずここで止めましょうかなどという会話まで発生してしまいました。


強風以外は順調に進んで奥多摩湖への上りに突入。
真面目にペースアップしてみんながんばりました。


全員無事に小河内ダムに到着。
ねらい通り陽だまりで暖かいのですが、ここでも風の影響でぽかぽか陽気まではいきませんでした。


最近定番化してきた小河内ダムの焼き芋で帰路の英気を養いました。


カテゴリー: ロング

2020/02/02 顔振峠

2020年2月2日 晴 7℃(スタート時) 96.34km
コース 顔振峠

参加メンバー
BEA-BEA・tao・nao56・さおりん・T上・リーダー



バイクルロングの激坂定番コースの一つ、飯能の顔振峠へ行ってきました。
今回は雲一つない快晴。
予報でも晴れて暖かくなるとのことだったので、目的地は景色のいいところや富士山の見えるところということになり、顔振峠にコース決定しました。


ルートは多摩湖から狭山茶どころを抜けて飯能まで進んだあと、国道299号線を経て峠の麓を目指します。
天気は最高レベルなんですが、結構強めに風が吹いていたので、ぽかぽか陽気まではいきませんでした。
ときにはハンドルを取られるくらいの風も吹くので、ちょっと神経を使いました。


顔振峠の麓に着くと、グリーンライン通行止めの看板がありました。
峠までは問題ないとのことなので、予定通りヒルクライム開始します。


顔振峠は上り距離は約3kmのそれほど長い上りではありませんが、前半から中盤にかけての傾斜がきつく、勾配が20%を超える箇所もある激坂コースです。
途中にある集落を過ぎると傾斜が緩くなるので、後半を余力で上ってゴールとなります。


全員無事峠に着いて記念写真。
峠からの景色は絶景で、富士山もくっきり見えていました。


ランチは前々から気になっていた、飯能の雑貨&カフェkinocaさんでいただきました。


建物は地元の西川材で作られたおしゃれな作り。
天井の作りやテーブル、コップに至るまで随所にこだわりが感じられました。
もちろんランチも美味しくいただきました。


ランチをゆったりいただいたので、走る気力が無くなりかけましたが、残りの行程もがんばりました。
まずは東峠越え。
先頭がブロックした感じになってしまったので、誰もアタックせずにゆっくり上りました。


続いて山王峠はやはりハイペースな展開。
このあとの笹仁田峠もハイペースで上って締めくくりました。


カテゴリー: ロング

2020/01/19 子ノ権現 初詣ライド

2020年1月19日 晴 6℃(スタート時) 99.21km
コース 子ノ権現

参加メンバー
barbar・BEA-BEA・じゃみー75・tao・nao56・you大・omiemon・T上・ぶ~りん・さおりん・バイクルママ・リーダー



毎年恒例の年始行事、初詣ライドを行いました。
行き先は毎年お馴染み、足腰に御利益のある子ノ権現です。
子ノ権現へ行くにはきつく長い坂を上らなければならず、これをクリアして、一年間健康に走れるよう祈願を行うのが目的です。

初詣ライドを行うこの時期は雪が降ることが多く、毎年路面凍結に悩まされます。
なんと今年は前日に雪が降ってしまい、子ノ権現は5cmの積雪との情報が入り、半ば諦めかけました。
しかし当日は晴れの予報が出ているので、雪解けを期待し、行けるところまで行こうということで初詣ライド決行しました。


スタート時は路面も乾き、気温もそれほど低くなく元気にスタートできました。
多摩湖堤防を渡っているとき、いつもと違う風景に気づきました。


なんと、これから向かおうとしている山が真っ白くなっています。
わかっていながらも、かなり不安度が増してしまいました。


市街地は残雪などなく、時たま路面が白くなっている程度で、問題なく快走します。


飯能の大里屋さんに立ち寄るのも毎年恒例。


名物の四里餅を食べてパワーをつけます。


なぜか始まる四里餅撮影会!
大人気です。


補給を終えて、名栗川沿いを先へ進んでいくと、景色が変わってきました。
日の当たらない箇所の雪が溶けずに残っています。
峠道の残雪が気になってしまいます。


アプローチの天目指峠の麓に到着しました。
地元の方に聞いたら、何台も車が通っているので、峠は越えられるとのこと。
ほっと一安心でヒルクライムスタートしました。


上っていくにつれて雪深くなってきましたが、道路の雪は溶けていて、走るのには問題ありませんでした。
木の枝や葉に積もった雪や氷がぼたぼた降る中、無事峠まで上れました。


とりあえず一つ目の峠をクリアして、安堵のショットです。


天目指峠を下りると、子ノ権現の上り口に到着します。
ここまでなんとか来られましたが、子ノ権現への上りは大丈夫かと、期待と不安が交錯します。


いよいよメインの上りに突入します。
序盤はゆっくり会話をしながら上りはじめます。


しばらく進むと、やはり路肩には残雪がありました。
この程度なら問題なしで、どんどん上っていきます。


そして更に上っていくと、やはり雪がありました。
しかもかなりの量が道を塞いでいます。


雪道にチャレンジして乗ったまま行くメンバーもあれば、安全第一で押して歩くメンバーもあり、それぞれのやりかたで攻略しました。


雪がないところはいつものように走りますが、なんともリズムがつかみにくいヒルクライムになりました。


そして最後の激坂コーナーはまた残雪。
さすがにここはみんな押して上りました。


ということで、雪に悩まされながらも無事に子ノ権現に参拝できました。
今年は苦難に強い一年になりそうです。


カテゴリー: ロング

2020/01/12 山伏峠~正丸峠

2020年1月12日 晴 6℃(スタート時) 108.77km
コース 小沢峠~山伏峠~正丸峠~山伏峠~山王峠

参加メンバー
BEA-BEA・tao・じゃみー75・nao56・さおりん・T上・リーダー



バイクルロングの定番中の定番コース、正丸峠へ久しぶりに行ってきました!
昨年の秋以来、天候不良や路面凍結、トラブルによるコース変更などなどいろいろあって、約4ヶ月ぶりになりました。

天気の方は曇という予報だったので、寒さに対して覚悟をしていたんですが、集合時は晴れて気温もそれほど低くなく、あまり寒さを感じずにスタートできました。


冬の時期は寒いのと、あまり汗をかかないので、でトイレが近くなるんです。
途中にある公衆トイレは本当にありがたいですね。


市街地を抜けた辺りから、雲が多くなってきて日差しを遮るようになりました。
気温がぐっと下がってしまい、ちょっとした試練です。


今回アプローチの峠は、ちょっとした理由で小沢峠を行くルートを選びました。
ここは平坦から少しずつ少しずつ傾斜を上げていくので、後半になればなるほどきつくなります。
最後は極めつけ、10%超えの勾配をもがいてゴールとなります。


天気は晴れたり曇ったりを繰り返します。
お日様が出ると暖かく汗ばんで、曇ると極寒という極端な陽気で、なんともやりにくいです。


メインの山伏峠に差し掛かりました。
スタート早々からしっかりしたペースで上り初めると、やる気のあるメンバーが代わる代わる先頭を交代してペースを落としません。
中盤辺りでは既に足がなくなってきて、最後は余力で峠に到着しました。


超久しぶりの正丸峠に無事到着して、集合写真。
奥村茶屋さんでランチもいただいて、正丸を満喫できました。


カテゴリー: ロング

2020/01/05 大垂水峠~相模湖 初ロング

2020年1月5日 晴 6℃(スタート時) 91.18km
コース 大垂水峠~相模湖

参加メンバー
nao56・tao・じゃみー75・かさじ・さく・さおりん・リーダー



いよいよ2020年になりまして、年明け最初のロングへ行ってきました。
年末年始で一回り大きくなった体はなかなか言うことを聞いてくれなさそうですが、できるだけ早いうちにベストに近づけたいものです。

今回天気は晴れていい陽気になるとのことだったんですが、深夜に霙(みぞれ)が降ってしまい、朝には各所で路面凍結してしまいました。
こうなると峠道などは危険になるので、凍結の心配が少ない国道の大垂水峠を越えて相模湖へ行くコースを選びました。

アプローチは危険と思われるルートは避けて、玉川上水路などは五日市街道に乗り換えるなどして、安全第一でゴールを目指します。


時間と共に日差しも強くなり、少しずつ暖かくなってきました。
路肩の凍結は次第に溶けてきましたが、日陰の箇所などはまだまだ凍っているので、注意、合図をしながら進みます。


いつも御用達の浅川サイクリングロードは、国道20号線を行く考えもありましたが、日向が多いので大丈夫ではないかということになり、いつも通り進むことにしました。
しかしまんまと凍結のトラップにはまり、リーダーが他のメンバーを巻き添えにして落車してしまいました。
幸い大事にはいたらなかったので、すぐに復帰できました。


峠に突入する前に高尾駅でいったん休憩を入れます。
ここはいつも登山客でいっぱいで、今回は初詣に訪れた人も加わって大変な賑わいでした。


高尾をあとにしてメインの大垂水峠のヒルクライムを開始します。
年始一発目なのでゆっくりペースになるかなと思いましたが、序盤からいいペースで上り初め、最終的にはいつものようにペースアップして、心拍数MAXでゴールしました。


峠からは新年にふさわしく、富士山がきれいに見えました。
きつかった峠のことなど忘れてしまいますね。


ダウンヒルも無事終えて相模湖に到着。
日差しいっぱいで暖かく、少し長めの休憩を取りました。

帰路は来た道をピストンで戻りました。
上り返しの峠はゆっくり行きましょうと申し合わせていましたが、やはり途中からアタック合戦が始まり、息を切らしてクリアとなりました。
今年もがんばれそうです!


カテゴリー: ロング