投稿者「bycle」のアーカイブ

2018/08/19 奥多摩周遊道路・風張峠

2018年8月19日 晴 23℃(スタート時) 132.1km
コース 小平~青梅~奥多摩湖小河内ダム~奥多摩周遊道路~風張峠~都民の森~五日市~小平

参加メンバー
BEA-BEA・しゃくれ・じゃみー75・ぶ~りん・さおりん・barbar・さく・リーダー



第3日曜日のロングはいつもより長めのコースを走ります。
一週間後に控えたヒルクライム大会にエントリーしているメンバーも多いので、上りの長いコースを選び、奥多摩周遊道路をぐるっと回ってきました。

天気は最高レベルの快晴。
スタート時間がいつもより早かったので、気温も高くなく、気持ちよくスタートが切れました。


最初の難関、奥多摩湖小河内ダムに到着。
周遊道路へはこの小河内ダム側からアプローチします。
ここまでの上りはこの先を考えて少し抑えてクリアしました。


奥多摩小河内ダムの第2駐車場は旧車でいっぱいです。
第3日曜日は東京旧車会という集まりがあって、自慢の車が集まってきます。


小河内ダムを発ち、奥多摩湖畔を進みます。


湖畔にはいくつかの橋があってそれぞれ趣が違います。
この辺りの橋を渡っていると、気分が高揚してきます。


いよいよ奥多摩周遊道路に入りました。
ここからは約14kmの長い上りが続きます。
ふるさと村辺りまでは集団で進み、上りがきつくなり出したところでそれぞれのペースに切り替えました。

上りは長く傾斜も比較的きついので、ペースをしっかり守らないと途中で力尽きてしまいます。
後半は不規則なアップダウンになるので、リズムを取りにくくなりますが、なんとか峠までがんばりました。


風張峠に無事到着。
今回は駐車場内でのショットです。


風張峠を下りて、都民の森にも立ち寄りました。
ここでは名物をいろいろと物色して、帰路の鋭気を養いました。


カテゴリー: ロング

2018/08/18 秋の気配

2018年8月18日 晴 25℃(スタート時)

参加メンバー
なべ・ニャンジロウ・ITO・Shioshio・BEA-BEA・じゃみー75・RIN・さおりん・barbar・バイクルママ・リーダー



長い間続いた猛暑もようやく一段落して、一気に秋の気配になりました。
走っていてもそれほど汗をかかないのは気持ちいいです。
今回はたくさんのメンバーが集まり、賑やかに多摩湖を周回できました。


多摩湖周回後のコンビニのバイクラックは満杯になりました。


カテゴリー: 走行会

2018/08/15 富士山スカイライン_東京五輪ルート

2018年8月15日 晴 25℃(スタート時) 287.1km
コース 小平~尾根幹線~道志みち~山中湖~籠坂峠~御殿場~富士山スカイライン~御殿場~籠坂峠~山中湖~道志みち~津久井~小平

参加メンバー
かさじ・T上・じゃみー75・tao・barbar・リーダー



夏休みを利用してアドベンチャーロング決行しました。
コースは富士山スカイラインの五合目までをバイクルから自走という、とんでもない企画。
総距離287.1kmで獲得標高5,024mの、正真正銘超々ロングです。

このおバカな企画は昨年実行しようとしていたんですが、雨のため中止になってしまい、それでもいつか行きたいという思いが強かったので、今回チャレンジすることになりました。


実は今回のコースは、2年後に開催される東京オリンピックのロードレースのコースとかなり同じところを走るんです。
せっかくなので、出来るだけ同じルートをなぞって進むことにしました。


コースはその土地土地の趣のあるコースを進んでいきます。
メインストリートから急にそれたりするので、地図をしっかり確認しながらの慣れないライドです。


道志みちに入りました。
ここは一本道で走り慣れたコース。
ようやく地図を見ないで走れるようになりました。


道志みち沿いに、東京オリンピックの大きな旗が掲げてありました。
馴染みのあるコースでのオリンピック開催に、今からワクワクが止まりません。


山中湖まで走って補給タイム。
いつもならロング終了の距離を走ってきましたが、今回はまだまだ序の口。


山中湖を発ったあとは籠坂峠を越えます。
天気が一変し、雨が降ってきました。


籠坂峠を超えたら御殿場まで15kmのダウンヒルですが、雨があまりにも冷たいので、いったん道の駅すばしりに避難します。

実は以前、スカイラインロングで雨が降ってしまい、この地で断念したことがあるんです。
また同じことが・・・と、ちょっといやなことが頭をよぎりましたが、しばらくして雨は上がってくれました。
神様ありがとう!


無事に御殿場までダウンヒル終了して、富士の裾野を進みます。
景色が壮大で、気持ちのいいポイントです。


そしていよいよ、富士山スカイラインのヒルクライム開始です。
距離約30km、平均勾配約6%、標高差約1800mのゴージャスなヒルクライムです。
しかもここまで約130km走ってきているので、足にはかなりの疲労がありますが、がんばって上ります。


中間地点の水ヶ塚公園で一息入れます。
補給食も沢山食べて、このあとの上りに備えます。

富士山は霧に包まれて残念ながら見えません。


十分に休憩を取ったあと、残り半分を上ります。
ここまでの前半より勾配がきつくなるので、心して挑みます。


最初は一丸となって上っていきます。
路肩には山頂までの残り距離が200m間隔で表示されているので、それを目安に上ります。
傾斜は殆ど一定なので、リズムをつかめば上りやすい坂なのですが、既に足は売り切れ状態。
ペースは徐々にそれぞれのペースに変わり、最後は一人旅になりましたが、無事頂上にゴールできました。


富士山スカイライン五合目に到着!
バイクルから約160km、標高差約2,300mを制覇しました。
ここでも富士山は霧に包まれていて、山頂は望めませんでしたが、大満足です。

このあと、殆ど倍の距離を走り帰宅しなければなりません。
休憩も感動もそこそこにダウンヒル開始します。

じつは、帰路は雨との戦いになりました。
スカイラインの下り半分、籠坂峠の15km上りが雨に降られてしまいました。
体は冷え切ってしまい、疲労が倍増してしまいました。


道志みちはナイトライドになりましたが、なんとか無事に走りきることが出来ました。
かなり無謀な?アドベンチャーライドでしたが、けがもバイクトラブルもなく、帰宅できました。
みなさん本当にお疲れ様でした。


カテゴリー: ロング

2018/08/12 山伏峠~正丸峠

2018年8月12日 晴 27℃(スタート時) 112.3km
コース 山王峠~山伏峠~正丸峠~山伏峠~小沢峠

参加メンバー
BEA-BEA・tao・ITO・かさじ・T上・Dandelion・barbar・リーダー



今日の天気は曇。
前夜に雨が降ったこともあり、久しぶりに涼しく走りやすいロングになりました。

このところ猛暑続きだったので、コースを短めにしていましたが、今回は定番の正丸峠をコースに選びました。


成木のコンビニで補給タイム。
あまりの涼しさに休憩も長くなりがちです。


アプローチの山王峠も快適にクリア。


そしてメインの山伏峠~正丸峠ヒルクライム開始。
今回は涼しいのでペースは抑えず、比較的早い段階からペースを上げて、最後は追い込んでゴールしました。


無事峠を制覇していつものショット!


ランチは奥村茶屋さんで正丸丼をいただきました。


雨上がりライドの必須アイテム。アスセイバー。
後輪が巻き上げる水しぶきで、お尻が冷えるのを防いでくれます。


本日のおまけ。
山伏峠を下っていると、リーダーの後輪がサイドカットパンクしてました。
今年はパンク少ないですね・・・。という会話をしていたばかりだったんですけどね。


カテゴリー: ロング

2018/08/11 涼と暑

2018年8月11日 晴 29℃(スタート時)

参加メンバー
ニャンジロウ・RIN・T上・ルブラン・omiemon・リーダー



今回も朝から30℃に迫る暑さになりましたが、先週と同じく前夜に雨が降ったので、木陰は涼しく、多摩湖周遊路も気持ちよく走れました。

走り終えたあとの多摩湖堤防は強い日差しが照りつけて、うだるような暑さ。
休憩中に熱中症になりそうです。
涼と暑の差が激しすぎますね。


カテゴリー: 走行会

2018/08/05 時坂峠

2018年8月5日 晴 31℃(スタート時) 82.0km
コース 時坂峠

参加メンバー
BEA-BEA・barbar・you大・Dandelion・リーダー



今日も記録的な暑さになりました。
スタート時の気温は31℃。気象庁は外出を控えるように促していますが、走らないで後悔はしたくないので、いつもと同じようにロング開催しました。

今回は近場のコースで早めに帰宅するというテーマで、檜原方面の時坂峠をコースに選びました。
このコースは、バイクルをスタートして、玉川上水路~睦橋通り~檜原街道と繋いでいきます。
玉川上水路と檜原街道は比較的日陰が多くて快適なんですが、睦橋通りは日差しを遮るモノが何もないので、この区間が今回最大の難所になります。


本日の最難関、睦橋通りに突入しました。
殆ど日陰がなく、強い日差しとアスファルトの照り返し、車の排気熱で灼熱地獄と化しています。
走行中はこまめに水を飲んだり、頭からかけたりしてしのぎます。


無事に睦橋通りを抜けたところで、公園の水道をお借りして、体を冷やしました。


体を冷やすアイテムも色々ありますね。
この時期は暑さ対策にかかせません!


すっかり体を冷やしたあとは檜原街道を進みます。
ここは日陰が多いので、快適に走れます。


いよいよ時坂峠に向かってヒルクライム開始します。
今回は熱中症予防ということで、あまりペースを上げずにヒルクライムを楽しみました。


峠(の茶屋)間近の絶景ポイント。
杉の木を伐採したところに、新たな杉が伸び始めました。
花粉の飛ばないタイプななのかと考えながら上っていきます。


無事に時坂峠を制覇!
峠の上は涼しい風が心地よく、長めの休憩になりました。


下山後はお約束の「ちとせ屋」さんで補給も忘れません。

この後の帰路も多めの休憩と、昼食を食堂で採るなどの暑さ対策で乗り切りました。
灼熱のロング、無事完走お疲れ様でした。


カテゴリー: ロング

2018/08/04 避暑地

2018年8月4日 晴 30℃(スタート時)

参加メンバー
じゃみー75・ニャンジロウ・Shioshio・ホリケン・omiemon・ぶ~りん・さおりん・リーダー



今回もスタート時の気温が30度になり、出だしから暑くなりましたが、前夜に雨が降ったおかげで若干涼しさを感じました。
多摩湖周遊路は日陰が多く、ひんやり避暑地のようでした。


カテゴリー: 走行会

2018/07/22 顔振峠

2018年7月22日 晴 30℃(スタート時) 92.7km
コース 顔振峠

参加メンバー
BEA-BEA・tao・じゃみー75・T上・かさじ・リーダー



今日も朝から30℃を超えましたが、ロングへ行かないと後悔しそうなので、いつもと変わらず元気に走ってきました。

今回のコース選びは目的地を近場にして、早めの時間に帰宅するプランで、飯能の顔振峠へ行ってきました。
顔振峠はこの時期でも比較的涼しいので、ゴール後の消耗も最小限ですみそうです。
とはいっても顔振峠は傾斜のきつい激坂ヒルクライムなので、ほどほどに上りを楽しみましょうということでスタートしました。


スタート時には既に強い日差しが照りつけて、走り出すとすぐに暑さで消耗を始めました。
まだまだ余裕のある時間帯でも公園の水場をお借りし、頭から水をかぶるなどして暑さ対策をしながらアプローチします。


飯能を過ぎ、国道299号線を進みます。
国道は日差しを遮るモノが殆ど無いので、じりじり、じわじわ消耗していきます。
吾野トンネルを避けて旧道を進むと顔振峠の上り口はすぐそこです。


メインの顔振峠にさしかかりました。
上り始めから傾斜がきついので、心拍数を見ながらペースを上げすぎないように注意します。
普段より少し抑えめにして上りますが、しばらく上っているとやはり心拍数は上がってしまいます。
結局最後は息を切らして峠にゴールしました。


全員無事?に峠に到着しました。
ゆでだこ六杯できあがり~!


峠の上は思ってた以上に涼しく、優雅に茶屋でランチをいただきました。

食事をしながらゆっくり休み、下山したらものすごい暑さにびっくり!
わかっていても、あまりのギャップに絶句。
帰りも暑さとの戦いになりましたが、水をかけたり、休憩も多めに入れたりしながら、無事に走りきることが出来ました。


カテゴリー: ロング

2018/07/21 真夏日

2018年7月21日 晴 31℃(スタート時)

参加メンバー
ニャンジロウ・RIN・ぶ~りん・さおりん・しゃくれ・T上・ルブラン・リーダー



毎日毎日記録的な暑さが続いています。
走行会は比較的早い時間にスタートするので、危険なほどの暑さにはなりませんが、それでも今回も30℃を超える真夏日になりました。

多摩湖周遊路を走ったあとは堤防で談笑するのですが、あまりの暑さのため、堤防には殆ど人影がありませんでした。


カテゴリー: 走行会

2018/07/15 奥武蔵グリーンライン

2018年7月15日 晴 30℃(スタート時) 141.7km
コース 定峰峠~奥武蔵グリーンライン~顔振峠

参加メンバー
じゃみー75・omiemon・tao・ぶ~りん・さおりん・T上・リーダー



関東地方は連日真夏日が続いていまして、こんな時は外出しない方がいいと巷ではいいますが、今週も元気にロングへ行ってきました。

これだけ暑いと少しでも涼しいところへ行きたくなるので、標高の高い奥武蔵グリーンラインをコースに選びました。
グリーンラインはいくつもの峠を結ぶ稜線で、真夏でも涼しく快適です。
そこまでのアプローチや、帰りのことは置いておいて、いざスタートしました。


狭山茶処を快走中。

天気は快晴。
スタートまもなくは雲が日差しを遮っていたので、暑さも和らいでいましたが、次第に雲が切れると強い日差しに照らされます。


飯能を抜けて、八高線沿いに県道30号線を北上します。


このコースに来たら必ずパン工房シロクマさんに立ち寄ります。
いつもはサイクリストでいっぱいですが、今回は誰もいませんでした。
それだけ暑いんでしょうね。


都幾川を過ぎたあとは松郷峠を超えて小川町を目指します。


無事に峠に到着して、ワンショット!
この松郷峠は距離2km程なので、ダメージもそれほど無くクリアします。

このあと小川町方面に下りるて、県道11号線を進みますが、ものすごい暑さで意識がおかしくなりそうです。


するとオアシス発見!
「地下水をどうぞ」の看板を目にし、吸い込まれるように水場に直行しました。

ここは、一般の方が地下水を無料で提供してくれているそうで、冷たいお水をいただきました。
この場をお借りしてお礼を言います。
ありがとうございます。


地下水で少し回復し、グリーンラインを目指して定峰峠を上ります。
暑さでダメージもあるので、ゆっくり上りたいところでしたが、メンバーの一人が開始早々ペースを上げたので、それに釣られて結局ハイペースで峠まで上りました。


無事定峰峠には着きましたが、みなさんダウン気味です。

ここからが今日お目当てのグリーンラインになり、いくつもの峠を繋いでいきます。
気温も少しだけ下がったので、気合いを入れて再スタートします。


お隣の白石峠に到着!
ここには「やっちゃん茶屋」という移動茶屋があり、冷たい飲み物やアイスなどを販売してくれています。
もちろんバイクルも利用させて頂きました。
ありがとうございます。


白石峠から更に上って大野峠まで来ました。
ここがグリーンラインの一番高いところになります。


更に進んで刈場坂峠。


グリーンラインは本格的林道。
アップダウンが激しいので、ここまで走ってきた足にはかなり応えるコースです。


顔振峠まで下りてきて、ベラビスタさんでランチ休憩を入れます。
下界に下りる前に、涼しいところで癒やしのひとときです。


ここのメニューは本格的で、峠のランチにしては、かなり高いクオリティなんですよ。
味付けもしっかりしていて、疲れた体に染み渡ります。
このランチでパワーを付けて、帰路もがんばります。


無事多摩湖まで帰ってきました。
帰路は強い風に煽られながらになりましたが、おかげで暑さも和らいで助かりました。

今回のロングは、暑さに加えてコースもきつかったので、かなりダメージもありましたが、みんなで楽しく走ることが出来ました。
みなさんお疲れ様でした。


カテゴリー: ロング