投稿者「bycle」のアーカイブ

2020/10/25 Watopia Big Foot Hills

2020年10月25日 68.6km
コース Watopia Big Foot Hills

参加メンバー
さおりん・ニャンジロウ・tao・omiemon・ホリケン・nao56・リーダー



今回のクラブ活動はバーチャルライドデー。
外はあいにくの快晴ですが、メンバーでインドアライドを楽しみました。

コースに選んだのはWatopia内のBig Foot Hillsという、約70㎞のツーリングルート。
小さい上りやスプリントポイントがいくつかある、バイクル御用達のコースです。


巡行走行時はZOOMを利用した会話を楽しみながら、比較的ゆったりしたペースで走ります。
これはバーチャルならではで、メンバー同士、近況など報告しながらライドします。


所々でポイントやKOM区間に入ると、とたんに臨戦態勢になり、アーチめがけて全力疾走します。
このギャップがとにかくたまりません。
リアルライドではできない、バーチャルだからこその楽しみ方です。


スプリントが終わると、息切れし、足はパンパンになってしまいますが、息が落ち着いてくると、また会話をしながらのゆったりライドに戻ります。


そんなこんなで、今回も約2時間30分ほどのライドを楽しみました。


今回は天気が最高レベルになり、バーチャルだと物足りないかなと思っていましたが、いざ走り出すと、コミュニケーションしながらできるインドアライドはやっぱり楽しいと思いました。


カテゴリー: バーチャル

2020/10/18 風張峠

2020年10月18日 晴 15℃(スタート時) 131.65km
コース 奥多摩湖小河内ダム~風張峠~都民の森

参加メンバー
omiemon・じゃみー75・tao・T上・you大・さく・リーダー



COVID-19感染拡大予防対策でロングとバーチャルを交互に活動中で、今回はロングデー。
前日深夜まで冷たい雨が降り続いたのでロング開催が心配されましたが、朝には晴れ間がのぞくようになり無事スタートできました。

気温は20度くらいまで上がる予報が出ていたんですが、朝はかなりの冷え込みで、ウェア選びをかなり迷いました。
メンバーの出で立ちは短パンにアームカバーから、ニーウォーマ、レッグウォーマ、シューズカバーに腹巻まで、色とりどりとなりました。


時間とともに気温は上昇し、路面も乾いて気持ちいい自転車日和になりました。


奥多摩湖小河内ダムまでは絶妙なペース配分で進みまだまだみんな元気です。
ダムに着いた途端に曇り空になってちょっとひんやりしてきましたが、モチベーションに変化なしです。


小河内ダムで小休止した後は奥多摩周遊道路で風張峠を目指します。
約10㎞のヒルクライムになりますが、長い自粛期間で鈍った体にはかなり過酷なチャレンジです。
開始早々からペースを上げたり、メンバーの様子を伺いながら上ったり、ひたすらマイペースで上ったりと、それぞれのペースになりましたが、最後は一様に疲労困憊となりました。


長~い長~いヒルクライムを無事終えて風張峠に到着できました。
足も腰も体中がボロボロになりましたが、なぜかみんな満足感でいっぱいです。


都民の森にも立ち寄りました。
なんと今年初です。

帰路も気を緩めず、いつもの高速トレイン。
辛くて楽しいロングになりました。


カテゴリー: ロング

2021年モデル RIDLEY FENIX エアロエンデュランスロード入荷!


RIDLEY(リドレー)の2021年モデル第1号が入荷しました。

モデルはエンデュランスロードのFENIX(フェニックス)。
発表当初はFENIX SLC Discという名前でしたが、FENIXに正式名称が変わっています。

エンデュランスロードのFENIX SL Discをベースに、よりブラッシュアップさせたFENIXは、外見のエアロ化だけでなく、ヘッドやBB周りを剛性アップしつつ、快適性を向上させています。


上位モデルのNOAH FASTと同じカーボン一体型ハンドルがセットされています。
ケーブル類はハンドルからフレームへと内蔵される贅沢な作りで、高いエアロ効果と、見た目のスッキリ感がGOODです。


シートクランプはエアロ効果が高く剛性の高い臼式を採用し、こちらも見た目スッキリです。


今や主流となりましたが、シートステーを低い位置にセットして剛性と快適性を向上させています。

RIDLEY FENIX
定価¥280,000(税別)/¥308,000(税込)
在庫状況、販売価格はお問い合わせください。

カテゴリー: 新着情報

2020/10/11 Watopia Three Sisters

2020年10月11日 49.0km
コース Watopia Three Sisters

参加メンバー
barbar・さおりん・ニャンジロウ・tao・omiemon・ホリケン・BEA-BEA・リーダー



10月に入ってクラブ活動はリアル走行を再開しましたが、しばらくの間はバーチャルと交互に行いながら様子を見ることになりました。
ということで、今回はバーチャルライドです。


選んだルートはThree Sistersという名の3つのKOMを巡るルートで、Zwift KOM~Epic KOM~Volcano KOMへと、Watopiaを代表する上りを繋いでいきます。


Epic KOMは上りが長いので、KOMポイントまでは比較的ゆったりしたペースで進むことが多いのですが、今回は序盤からペースを落としませんでした。
山頂が近づくにつれてさらに加速し、最後は激しいKOM争いになりました。


Epic KOMを超えたあと、ラジオタワーへの激坂をさらに上ったところで休憩を入れました。
バイクルのバーチャルグループライドは比較的長く走るので、中間地点で休憩をはさむことが多いんです。


最後の上りはVolcano KOM。
いつ来てもビジュアル的に熱~くなるコースで、KOM争いも熱いものになりました。


前回のリアルロングから今回はバーチャルになり、それぞれ違った楽しみ方ですが、それぞれの良さをあらためて感じることができました。
次回も楽しみです。


カテゴリー: バーチャル

リーズナブルで高性能!PYC製のDLCダイヤモンドコートチェーンがおすすめ!


バイクパーツの抵抗の中で、気になる部分の一つがチェーンの抵抗です。
ちょっと高級なオイルを注油するだけでもかなり走りが軽くなりますね。

DCLというダイヤモンドライクコーティングされたチェーンは、表面硬度が非常に強く、摩擦を低く抑えられるので、パワー伝達や変速制性能が向上します。


DCLコーティングされたチェーンは、一般のチェーンに比べて非常に高価なのでなかなか手を出しにくかったんですが、PYC CHAINは比較的リーズナブルなプライス。
ちょっと試してみたかった方には是非おすすめです。

PYC CHAIN
DLCコーティングチェーン
12SPEED ¥15,000(税別)
11SPEED ¥13,000(税別)

カテゴリー: 新着情報

2020/10/04 山伏峠~正丸峠

2020年10月4日 曇 22℃(スタート時) 107.79km
コース 山伏峠~正丸峠

参加メンバー
じゃみー75・nao56・さく・omiemon・you大・リーダー



昨日の走行会に引き続き、およそ半年ぶりにロングを行いました。
まだまだコロナ禍は落ち着いてはいないので、ただ簡単に元に戻すのではなく、感染予防対策を行いながら、新しいスタイルで活動していくことになりました。

この長い自粛期間にはバーチャルグループライドを活用してきましたが、しばらくの間はロングとバーチャルを併用して活動していこうと思います。


久しぶりのロングになったので、大半のメンバーは体が鈍っていることもあり、様子をうかがいながら走ることになりました。
集団走行は密にらないよう、少し間隔を空けて走りましたが、これがなかなか難しく、また風除けにもならないので、結構疲れました。


メインの上りの麓、名郷に到着。
久しぶりのヒルクライムを前にちょっとドキドキの瞬間です。


ヒルクライムは山伏峠~正丸峠まで通しで行いました。
中盤くらいまでは会話をしながらゆったり上りましたが、徐々にペースアップし最後は追い込むところまでもっていきました。

バーチャルライドを行っていたので、筋力や心肺機能は完全には落ちていませんでしたが、それでもいろいろなところで体がうまく動かず、なかなかのギクシャクぶりが楽しかったです。


久しぶりの集合写真も無事に撮れました。
長~い自粛期間では当たり前のことのありがたさや、コミュニケーションのあり方などいろいろなことを考えさせられました。
こうしてロングを行えることに感謝ですね。


カテゴリー: ロング

2020/10/03 半年ぶり

2020年10月3日 晴 22℃(スタート時)

参加メンバー
ニャンジロウ・BEA-BEA・omiemon・じゃみー75・さおりん・さく・リーダー



コロナ禍により長い間お休みしていた走行会をなんと半年ぶりに再開しました。
まだまだ感染拡大は収まりませんが、きちんとした対策を行いながら、新しい形で走行会をスタートすることになりました。


半年ぶりに訪れた多摩湖の景色は何も変わっていませんでした。
久しぶりにメンバーと走れるとこができて、当たり前のことが幸せなんだということをあらためて感じました。


カテゴリー: 走行会

2021モデル MAVIC COSMIC CARBON JAPAN リミテッド


MAVIC(マビック)の2021年モデルが入荷しました。
こちらは日本限定モデルのCosmic Carbon Japan SMU リミテッドバージョンで、
入荷はCOSMIC SLR 45 DCLとCOSMIC SL 45 DCLです。


ハブは無駄な突起をなくし、軽量化と空気抵抗も軽減。


SLRはリムに直接ニップルを固定する方式を採用しました。


左SLR / 右SL
SLRは外周部にスポークホールがなくなり剛性をアップさせています。
さらにリムテープが不要になるので軽量化にもなっています。
写真ではわかりにくいですが、タイヤのビードが乗る部分の突起がなくなり、タイヤを外すのが容易になっています。(SLR)

2021 MAVIC
COSMIC SLR 45 DCL 定価¥260,000(税別)/¥286,000(税込)
COSMIC SL 45 DCL 定価¥170,000(税別)/¥187,000(税込)
販売価格はお問い合わせください。

2021年モデルのMAVICは、モデルチェンジのほかにもいろいろと変化しています。
まずネーミングに変更があり、アルミモデルが「KSYRIUM」、カーボンモデルが「COSMIC」という風になりました。
長い間タイヤとセット販売でしたが、タイヤは別売りになり、価格も大幅にプライスダウンしています。

カテゴリー: 新着情報

パールイズミ ベンチレーション マスク入荷!


パールイズミから新しいマスク「MSK-03 ベンチレーション マスク」が発売になりました。


口部が大きく開くようになっているので、蒸れにくく、ちょっとした飲食なども可能になっています。
生地は夏用サイクルウェアと同じ物を使用しているので、運動時も快適です。


内側にはポケットがついているので、付属のガーゼや不織布などを挟めるようになっています。


ゴムひもは調整可能なありがたい作りです。

カテゴリー: 新着情報

2020/09/27 GREATEST LONDON LOOP

2020年9月27日 52.0km
コース GREATEST LONDON LOOP

参加メンバー
じゃみー75・さおりん・ニャンジロウ・omiemon・ホリケン・BEA-BEA・リーダー



今回のグループライドは、バイクルでは初のロンドンへ進出しました。
GREATEST LONDON LOOPというルートで、前半は現実世界にあるロンドン市街地で、後半は仮想エリアのサリー州へとワープするコースです。


市街地はロンドン市内をリアルに再現していて、有名なストリートやビル、2階建てバスなどのあるロンドンらしい景色を進みます。


地下道を潜るとサリー州へワープし景色が一変します。
ここは「Box Hill」と「Leith Hill」という2つの丘がある丘陵地帯です。


今回はLeith Hillを上り、山岳ポイントを争いました。


山を下りて再び地下道を潜ると、ロンドン市街地へ戻り、タワーブリッジが出迎えてくれます。


ロンドンのコースは人気があって、いつもたくさんのZwifter が走っているのですが、今回はコーススケジュールがロンドンでなかったので、Zwifter が少なくちょっと残念でした。


カテゴリー: バーチャル