ロング」カテゴリーアーカイブ

2022/12/04 都民森

2022年12月4日 晴 8℃(スタート時) 114.80km
コース 都民の森

参加メンバー
じゃみー75・ホリケン・tao・かさじ・you大・T上・ぶ~りん・さおりん・リーダー



いよいよ12月になりまして今年のロングもあとわずかとなってきました。
気温がぐっと下がってきたので行けるコースも限られてきますので、今のうちにということで、都民の森をコースに選びました。

早朝の気温が下がると同時にウェアも厚着が目立つようになってきました。
今シーズン初タイツ姿のメンバーもありましたが、中にはニーウォーマーの強者もいたりと色とりどりとなりました。


ここ最近は天候不良などで走れないことが多く、ちょっとテンションが下がり気味だったので、少し気合を入れてスタートしました。
走り出してしまえばいつものペースにすぐ戻り、巡航速度で先を目指します。
アプローチの玉川上水路は木々がいい色に色付いていました。


早朝はかなりの冷え込みでしたが、日が高くなるにつれて暖かくなってきました。
走行中は日向と日陰を繰り返すので、温かいけど冷たい変な感覚です。


数馬を過ぎて都民の森へ向けてメインの上りを開始します。
開始早々はゆったりしたペースで上りはじめます。
今回は先頭の優しいペース配分にあまえ、アタックなどかかりませんでした。


時間差で先行スタートしたメンバーが見えてきました。
追いかけアタックをかけるかこのままのペースで行くか、心の乱れが集団の乱れとなり、少しペースが上がってしまいました。


後半はサバイバル戦。
先頭交代をしていくうちに、少しずつメンバーが減っていきました。


最後はそれぞれ追い込んで都民の森にゴールしました!
都民の森は日差したっぷりで特に寒くなく、とちの実さんのグルメで補給しながらゆったりした時間を過ごしました。


カテゴリー: ロング

2022/11/20 小沢峠~山王峠

2022年11月20日 曇 12℃(スタート時) 75.71km
コース 小沢峠~山王峠

参加メンバー
かさじ・nao56・リーダー



今回のロングは開催するべきかしないべきか非常に悩みました。
予報では午後から雨となっているのですが、早朝の段階で雨雲レーダーには小さめの雨雲があちこちに点在していて、走り出せばどれかに当たる可能性大。
しかし、もしかしたら雨に降られない可能性もある・・・などという気持ちも強く、思い切ってロング開催を宣言してしまいました。

集合時間が近くなるにつれてどんどん天候が悪くなってきたので、今日は誰も来ないかもと思っていたら、物好きなメンバーが2名登場してくれました。

コースは万が一雨が降った時にできるだけ早く戻れて、しかもしっかり上れるコースということで、小沢峠と山王峠を繋ぐルートを選びました。


空を見上げると、曇りベースですが、晴れているところもあったり、いまにも降りそうなところもあったり、前後左右で全く異なった空模様です。


ちなみに私たちの向かう先は今にも降りそうな空模様。
途中何度も雨雲レーダーを確認しながら慎重に進んでいきます。


今日はとにかく時短行動。
コンビニ休憩は短めに、巡航速度は超速めに進行したので、アプローチの段階ですでに足がいっぱいになってしまいました。


小沢峠への上りも速いスピードで進み、更にトンネルに向かって勾配の上がるポイントに差し掛かった瞬間アタックがかかり、しかし掛けたメンバーは失速し、追いかけるメンバーもヘロヘロで、なんだかわからない峠越えになりました。


息を切らして何とか峠に到着。
このあと山王峠へも高速で進み、帰路も高速で走り切り、何とか雨には降られずに帰宅できました。


カテゴリー: ロング

2022/11/13 都民の森

2022年11月13日 晴 15℃(スタート時) 114.45km
コース 都民の森

参加メンバー
じゃみー75・かさじ・nao56・tao・さおりん・T上・omiemon・リーダー



今日の天気は午後から雨が降りだすという予報が出ていまして、コースを短くして早帰りすることも考えましたが、やる気のあるメンバーが多く、普段通り定番の都民の森をコースに選びました。
日中は気温が上がるとのことで、メンバーのウェア類は比較的軽装なものが目立ちました。


アプローチは玉川上水路を進み、拝島方面を目指します。
巡行速度はやや速めの快走ペースで進みます。
毎回毎回同じ場所で写真を撮っていますが、拝島手前のイチョウ並木が色付き始めてきました。


拝島駅前の広場で小休止したあと睦橋通りに乗り換え、五日市方面を目指します。
睦橋通りはいつも交通量が多いのですが、今回はガラガラと空いていました。


五日市を過ぎ檜原街道に乗り換えます。
檜原街道は弱い雨が降ったのか所々路面がウェットになっていました。
いつも利用する下元郷の休憩所のベンチも濡れていて、立ち休憩となりました。
雨雲レーダーではまだ雨雲本体は遠かったので、予定通り先を目指します。


檜原街道を先に進むにつれて紅葉しているスポットも多くなります。
同時にアップダウンも激しくなるので、景色を眺める余裕はなくなってきます。


数馬を過ぎると都民の森までは約5kmの上りが続きます。
いつもは数馬で休憩を入れるのですが、今回は都民の森まで通しで上ります。
できるだけペースの合うメンバーと上っていき、最後はそれぞれのペースで都民の森にゴールとなりました。


都民の森は今日もたくさんの人で賑わっていました。
バイクル一行も売店のグルメなどをいただきながら、楽しいひと時を過ごしました。

帰路ももれなくハイペースで進みました。
雨雲は近くまで迫ってきましたが、雨に降られることもなく、無事帰宅できました。


カテゴリー: ロング

2022/11/06 甲武峠~大垂水峠

2022年11月6日 晴 10℃(スタート時) 113.07km
コース 五日市~上川乗~甲武峠~上野原~大垂水峠

参加メンバー
nao56・omiemon・T上・リーダー



いよいよ11月になりまして、朝晩の冷え込みが強くなってきました。
今回、日中は暖かくなるとのことなんですが、集合時の冷え込みがかなりきつくなりました。
こうなるとウェア選びが難しく、集合時に合わせるか、日中に合わせるか、選択に迷います。

コース決めは「できるだけ暖かいところ」というこの時期無理な提案が上がったので、標高の高い山を避けて、甲武峠と大垂水峠を繋ぐコースを選びました。
このコースはバイクルでも初なので、ちょっとテンション高めにスタートしました。


天気は快晴で日差しが強かったので、走り出すとそれほど寒さを感じませんでした。
この時期はどこを走っても紅葉が気になりますが、拝島手前のイチョウ並木はまだほとんど緑色でした。


檜原街道は色付き始めていまして、奥へ行くほど紅葉が目立ちました。


今回のコースは檜原街道の上川乗交差点まではお馴染みのルート。
上りもそれほどきつくないからか、アプローチで飛ばし気味です。
メインの上りを前にして、すでに足がいっぱいになってきました。


そして上川乗交差点を左折し、甲武峠を目指してヒルクライム開始です。
上りは約3kmと短めですが、平均勾配は7%ほどあるしっかりした峠道。
バイクルロングでもこちら側から上るのは初なので、様子を見ながらの上りとなりました。


甲武トンネルに無事到着しました。
954mと比較的長いトンネルの中に県境があり、抜けた向こう側は山梨県です。


甲武トンネルを抜けたあと、約10kmほどの下り基調を進み国道20号線に乗り換えます。
国道20号線まではずっと下りと思っていたら、何カ所か上り返しがあり、思わぬ上りに足が拒絶反応を起こしました。


本日最後の上り大垂水峠も無事越えました。
いくつもの上り返しをこなしたので足がいっぱいになりましたが、やり遂げた感がありました。


峠を下りたあとはちょうどお昼時だったので、Mt. TAKAO BASE CAMPさんでランチをいただきました。
店内にバイクラックがあり安心して食事を行えます。


メニューは地元の食材を使ったものなどが多く、ボリュームもあって十分に補給ができました。


帰路は補給したランチを消化するべく、やや速いペースとなりました。
お腹も足もいっぱいになり、最後まで楽しめました。
みなさんお疲れさまでした。


カテゴリー: ロング

2022/10/30 山伏峠~正丸峠

2022年10月30日 晴 14℃(スタート時) 106.01km
コース 山王峠~山伏峠~正丸峠~山伏峠~山王峠

参加メンバー
かさじ・じゃみー75・barbar・omiemon・さおりん・リーダー



今回のバイクルロングはメンバー数名からの希望があって、定番コースの正丸峠へ行ってきました。
さらにできれば早めの帰宅という要望もあり、時間制限スイッチが入ってのスタートとなりました。

天気は快晴で日中は気温が上がるとのことですが、朝の冷え込みに合わせてやや防寒気味の装いが目立ちました。


アプローチは山王峠を越えていきます。
なるはや帰りの要望通り比較的速いペースで進んでいるので、足が少しずつ削られていきました。


峠を越えて名栗川沿いを進みます。
集合時はそれなりに肌寒かったものの、走り出すと次第に暑くなってきて、ウォーマー類が邪魔になってきました。


アプローチを終えて、峠の麓の名郷に到着しました。
この辺りは常緑樹が多いので紅葉しませんが、遠くの高い山がきれいに色づいていました。


そしてメインのヒルクライムを開始します。
今回は協定を結びそれほど追い込まずに上ることになりました。


追い込まずに上るといっても、坂がきついので体への負荷はかかります。
次第に息が上がってきました。


山伏峠を越えて、正丸峠への上り返しも通して上ります。
序盤からのハイペースも災いして足が限界になりました。


目的地の正丸峠に到着しました。
協定を守り揃ってのゴールです。
今回は時間制限もあったので、小休止して下山を開始しました。


帰路はさらにハイペースで進みました。
峠の上り返しもがんばって超え、かなり早い帰宅となりました。


カテゴリー: ロング

2022/10/23 都民の森

2022年10月23日 晴 16℃(スタート時) 115.58km
コース 都民の森

参加メンバー
ホリケン・かさじ・nao56・T上・omiemon・barbar・リーダー



今回のロングはバイクル定番コースの都民の森。
メンバーの殆どが都民の森と思っていたとのことで、賛成多数でコース決定しました。
予報では日中は気温が高くなるといっていましたが、早朝は冷え込みがきつかったので、メンバーの装いも様々になり、短パンに指切りグローブから、レッグウォーマーやウィンドブレーカーなど色とりどりとなりました。


アプローチは玉川上水路を進み拝島方面を目指します。
走りだしは少し肌寒かったのですが、少しずつ気温が上がってきました。


五日市からは檜原街道を進みます。
ちょっとペースが速かったので、アップダウンがきつくなるころには足が売り切れ状態。
気温はぐんぐん上がって夏のような気温になり、より体力を奪われました。


数馬でいったん休憩をはさみ、都民の森に向かって最終ヒルクライム開始です。
アプローチで使いすぎた足を何とかごまかしながら上っていきます。


ゴールまではあと少し!
始まりだしの紅葉など目に入らずラストスパートをかけます。


無事都民の森にゴールできました。
今日も都民の森はたくさんの人々で賑わっていました。


カテゴリー: ロング

2022/10/16 柳沢峠

2022年10月16日 曇 20℃(スタート時) 179.4km
コース 奥多摩湖~丹波山~柳沢峠

参加メンバー
じゃみー75・tao・barbar・さおりん・omiemon・T上・リーダー



毎月第3日曜日は長めに走るガッツリロングデーということで、今回は長距離の定番柳沢峠へ行ってきました。

柳沢峠へのルートは奥多摩湖から丹波山を抜けるのですが、丹波山の一区間が長い間通行止めになっているため、小菅を経由し今川峠を越える迂回ルートを行かなければならず、難易度が高くなるため別のプランも視野に入れていました。
今回いくつかルートを調べていたところ、通行止めが解除になったという情報を得まして、満場一致で柳沢峠ロングを決行しました。


天気は曇りベースでスッキリしませんが、雨は降らない予報。
気温はそれほど低くなく、日中は晴れ間の出るところもあるとのこと。
早朝は肌寒かったのでウォーマー類を身に着けましたが、走り出すとすぐに暑くなってしまいました。


青梅駅前の商店街を抜けてしばらく進むと、日向和田駅交差点から先が通行止めのため、迂回を促されました。
急遽吉野街道に乗り換え奥多摩湖を目指します。
吉野街道は国道411号線と並走していて、起伏があまりなく走りやすい道です。
バイクルではあまり利用しないので、たまに走ってみるといろいろな発見があって新鮮でした。


奥多摩湖小河内ダムまで進んだところで少し長めの休憩を入れました。
ここまでのペースは時折上がったりしましたが、それほど疲労もなくまだまだ元気です。
雲は相変わらず多めで、黒い雲が若干気になります。


小河内ダムを出発し湖畔をしばらく進むと、深山橋交差点に差し掛かります。
長い間通行止めで、ここから小菅方面へ迂回していましたが、今回はようやく直進できます。


丹波山に向かって続くいくつかのアップダウンも久しぶりです。
いつ走ってもきついですが、今回はちょっと気分が違います。


道の駅たばやまもようやく賑やかさを取り戻したようです。


今回は丹波山でちょっと寄り道、きのしたベーカリーさんに立ち寄りました。
国産素材を使用し無添加生地にこだわったおいしいパンをいただきました。


丹波山でもちょっとゆったり目の休憩をして、いよいよ柳沢峠を目指してヒルクライムを開始します。
道の駅たばやまから柳沢峠までは約17km。
花魁淵辺りから約9kmの本格的な上りが始まります。
序盤は一丸となって上っていきましたが、徐々に各々のペースに切り替えました。


柳沢峠まではあと1km。
標高が上がるに従い紅葉が見られるようになりましたが、無論見る余裕はありません。
上りがきついだけではなく、ここまで約90km走っているので消耗も激しく、足がいうことを聞かないのです。


ゴールまであと数百メートル。
最後の力を振り絞ります。


メンバー全員柳沢峠に到着しました!
ゴール後は放心状態でしたが、しばらくして元気を取り戻し笑顔のショットです。
帰路も元気に走り切って、超ロング完走となりました。
みなさんお疲れさまでした!


カテゴリー: ロング

2022/10/09 山伏峠~正丸峠

2022年10月9日 晴 18℃(スタート時) 108.16km
コース 山王峠~山伏峠~正丸峠~山伏峠~小沢峠

参加メンバー
かさじ・nao56・じゃみー75・ホリケン・さおりん・omiemon・さく・リーダー



10月最初のロングは定番の正丸峠をコースに選びました。
季節はすっかり秋本番となり、ウォーマーやカバー類の使用率が増えましたが、走るにはちょうど良く、最高の自転車日和になりました。


市街地を抜けたあとはアプローチの山王峠超え。
ややペースが速かったので、ちょっと息切れしながら上ります。
路面は所々ウェットで、小さい雨雲が通過したようでした。


順調に進んで名郷に到着。
少し手前から路面がしっとり濡れています。
弱い霧雨が降っていましたが、問題なさそうなので予定通り正丸峠を目指すことにしました。


ヒルクライムは山伏峠から正丸峠へと通しで上ります。
時間差で先行したメンバーを後続が追いかける形です。
前を走るメンバーが視界に入ると自然とペースが上がり、息を切らして山伏峠を越えました。


山伏峠を越えたところで雨脚が強くなってきたので、いったん停車してこの先どうするか思案しました。
とりあえず正丸峠まで上ってみて考えることになり、正丸峠への上り返しをゆったりスタートしました。


会話をしながらのゆったりペースが悪かったのか、メンバーが路肩にタイヤをとられてパンクしてしまいました。
とりあえず空気を補充して峠まで上ります。


正丸峠に到着すると雨は止んでいたので、もともと予定していた奥村茶屋さんでランチをいただくことになりました。


ランチをオーダーしている間にパンク修理はサクッと完了。


無事にそろってランチをいただけました。


帰路もがんばり小沢峠を越えました。


こちらも無事に上って記念撮影。
いろいろあって今回も楽しいロングになりました。
みなさんお疲れさまでした。


カテゴリー: ロング

2022/09/25 都民の森

2022年9月25日 晴 24℃(スタート時) 115.86km
コース 都民の森

参加メンバー
じゃみー75・ホリケン・omiemon・tao・nao56・さおりん・T上・リーダー



台風の影響で前日まで雨が降り続けましたが、夜には上がってロング開催できました。
集合時の気温は24℃と快適で、すっかり秋の気配となりました。
今回の目的地は定番コースの都民の森。
一週間後にイベントに参加を決めているメンバーも多く、モチベーション高くスタートしました。


アプローチは玉川上水路に乗って拝島まで進みます。
所々にはまだ水たまりが残っていました。


拝島で小休止し、睦橋通りに乗り換え武蔵五日市を目指します。
西の空には大量に雲が広がっていて、ちょっと不安になりました。


檜原街道に乗って、いよいよ都民の森を目指します。
かなりの量の雨が降ったあとなので、路面はウェットな箇所がありました。


バイクルでは都民の森を前に数馬で休憩を入れることが多いのですが、やる気のあるメンバーが、休憩せずにこのまま上り続けますと言うと、他のメンバーもつられて上り続けることになりました。


上り続けはスタミナ勝負。
後半はスピードを維持するのが大変です。
周囲は景色がいいのですが見る余裕などなくなります。


ようやくゴールが見えてきました。
最後は力を振り絞って都民の森に無事到着しました。


都民の森では兄弟チームのチームミツイキと遭遇しました。
記念に賑やかな集合写真です。


カテゴリー: ロング

2022/09/11 和田峠~甲武峠

2022年9月11日 晴 24℃(スタート時) 112.54km
コース 浅川CR~陣馬街道~和田峠~上野原~甲武峠~上川乗~五日市

参加メンバー
じゃみー75・nao56・tao・barbar・T上・リーダー



今回のロングは年に一度程度訪れる和田峠をコースに選びました。
ルートプランは和田峠を裏和田側へ下ったあと、国道20号線に抜け大垂水峠を越える予定でしたが、走行中に甲武峠を越え檜原方面に抜けるのも面白いのではないかということになり、急遽コース変更になりました。
バイクルロングではほぼ初コースということで、モチベーションもより上がりました。


天気は快晴。
早朝は少し肌寒く、走り出すと少し汗ばむ程度ではありましたが、季節は確実に秋の気配になっています。


浅川サイクリングロードを走行中、メンバーのタイヤがスローパンクしていることが発覚。
サイクリングロードを抜けたところで、コンビニ休憩を兼ねてパンクリペア作業をサクッと済ませました。


和田峠へは陣馬街道からアプローチします。
賑やかな市街地から先へ進むにつれてのどかな田園風景に変わります。


峠の麓のバス停で小休止したあと、いよいよメインの和田峠を上ります。
峠道は約4㎞で、序盤以外は激坂という難コース。
殆ど怖いもの見たさ的な感覚で峠に挑みます。


開始直後は緩やかな勾配ですが、しばらく進むと激坂が始まります。
一度上がった勾配は緩むことなく後半まで続きます。
通常は峠を越えたあとのことまで考えて上りますが、ここではそうも言ってられず、ほぼ全力で力を使い切ります。


激坂区間が終わり後半戦。
勾配は少し緩みますがすでに足が無く、いっぱいいっぱいで峠に到着します。


峠にゴールした時はオールアウトでしたが、茶屋で少し長めの休憩をしていると徐々に回復してきました。


裏和田側へ降りたあとは上野原方面へ進みます。
この辺りは殆どのメンバーが初コース。
アップダウンの多いルートですが景色がよく、ツーリング気分が高まったおかげでそれほど疲労を感じませんでした。


甲武トンネル方面への分岐に差し掛かり、いよいよ甲武峠を目指します。
峠までは約4㎞で上りはじめから比較的しっかりした勾配が続きます。
ここも景色のいいポイントが多く、気分を高めながら上っていきます。


峠まではあと少し。
後半は特に景色もなく、疲労度もMAXとなりかなり苦戦を強いられます。


ようやく峠に到着、重力から解放されました。
初めて上る峠は何とも言えない達成感があり、疲れも吹き飛びました。
メンバーもコースを気に入り、定番化しそうな予感です。


カテゴリー: ロング