ロング」カテゴリーアーカイブ

2020/01/19 子ノ権現 初詣ライド

2020年1月19日 晴 6℃(スタート時) 99.21km
コース 子ノ権現

参加メンバー
barbar・BEA-BEA・じゃみー75・tao・nao56・you大・omiemon・T上・ぶ~りん・さおりん・バイクルママ・リーダー



毎年恒例の年始行事、初詣ライドを行いました。
行き先は毎年お馴染み、足腰に御利益のある子ノ権現です。
子ノ権現へ行くにはきつく長い坂を上らなければならず、これをクリアして、一年間健康に走れるよう祈願を行うのが目的です。

初詣ライドを行うこの時期は雪が降ることが多く、毎年路面凍結に悩まされます。
なんと今年は前日に雪が降ってしまい、子ノ権現は5cmの積雪との情報が入り、半ば諦めかけました。
しかし当日は晴れの予報が出ているので、雪解けを期待し、行けるところまで行こうということで初詣ライド決行しました。


スタート時は路面も乾き、気温もそれほど低くなく元気にスタートできました。
多摩湖堤防を渡っているとき、いつもと違う風景に気づきました。


なんと、これから向かおうとしている山が真っ白くなっています。
わかっていながらも、かなり不安度が増してしまいました。


市街地は残雪などなく、時たま路面が白くなっている程度で、問題なく快走します。


飯能の大里屋さんに立ち寄るのも毎年恒例。


名物の四里餅を食べてパワーをつけます。


なぜか始まる四里餅撮影会!
大人気です。


補給を終えて、名栗川沿いを先へ進んでいくと、景色が変わってきました。
日の当たらない箇所の雪が溶けずに残っています。
峠道の残雪が気になってしまいます。


アプローチの天目指峠の麓に到着しました。
地元の方に聞いたら、何台も車が通っているので、峠は越えられるとのこと。
ほっと一安心でヒルクライムスタートしました。


上っていくにつれて雪深くなってきましたが、道路の雪は溶けていて、走るのには問題ありませんでした。
木の枝や葉に積もった雪や氷がぼたぼた降る中、無事峠まで上れました。


とりあえず一つ目の峠をクリアして、安堵のショットです。


天目指峠を下りると、子ノ権現の上り口に到着します。
ここまでなんとか来られましたが、子ノ権現への上りは大丈夫かと、期待と不安が交錯します。


いよいよメインの上りに突入します。
序盤はゆっくり会話をしながら上りはじめます。


しばらく進むと、やはり路肩には残雪がありました。
この程度なら問題なしで、どんどん上っていきます。


そして更に上っていくと、やはり雪がありました。
しかもかなりの量が道を塞いでいます。


雪道にチャレンジして乗ったまま行くメンバーもあれば、安全第一で押して歩くメンバーもあり、それぞれのやりかたで攻略しました。


雪がないところはいつものように走りますが、なんともリズムがつかみにくいヒルクライムになりました。


そして最後の激坂コーナーはまた残雪。
さすがにここはみんな押して上りました。


ということで、雪に悩まされながらも無事に子ノ権現に参拝できました。
今年は苦難に強い一年になりそうです。


カテゴリー: ロング

2020/01/12 山伏峠~正丸峠

2020年1月12日 晴 6℃(スタート時) 108.77km
コース 小沢峠~山伏峠~正丸峠~山伏峠~山王峠

参加メンバー
BEA-BEA・tao・じゃみー75・nao56・さおりん・T上・リーダー



バイクルロングの定番中の定番コース、正丸峠へ久しぶりに行ってきました!
昨年の秋以来、天候不良や路面凍結、トラブルによるコース変更などなどいろいろあって、約4ヶ月ぶりになりました。

天気の方は曇という予報だったので、寒さに対して覚悟をしていたんですが、集合時は晴れて気温もそれほど低くなく、あまり寒さを感じずにスタートできました。


冬の時期は寒いのと、あまり汗をかかないので、でトイレが近くなるんです。
途中にある公衆トイレは本当にありがたいですね。


市街地を抜けた辺りから、雲が多くなってきて日差しを遮るようになりました。
気温がぐっと下がってしまい、ちょっとした試練です。


今回アプローチの峠は、ちょっとした理由で小沢峠を行くルートを選びました。
ここは平坦から少しずつ少しずつ傾斜を上げていくので、後半になればなるほどきつくなります。
最後は極めつけ、10%超えの勾配をもがいてゴールとなります。


天気は晴れたり曇ったりを繰り返します。
お日様が出ると暖かく汗ばんで、曇ると極寒という極端な陽気で、なんともやりにくいです。


メインの山伏峠に差し掛かりました。
スタート早々からしっかりしたペースで上り初めると、やる気のあるメンバーが代わる代わる先頭を交代してペースを落としません。
中盤辺りでは既に足がなくなってきて、最後は余力で峠に到着しました。


超久しぶりの正丸峠に無事到着して、集合写真。
奥村茶屋さんでランチもいただいて、正丸を満喫できました。


カテゴリー: ロング

2020/01/05 大垂水峠~相模湖 初ロング

2020年1月5日 晴 6℃(スタート時) 91.18km
コース 大垂水峠~相模湖

参加メンバー
nao56・tao・じゃみー75・かさじ・さく・さおりん・リーダー



いよいよ2020年になりまして、年明け最初のロングへ行ってきました。
年末年始で一回り大きくなった体はなかなか言うことを聞いてくれなさそうですが、できるだけ早いうちにベストに近づけたいものです。

今回天気は晴れていい陽気になるとのことだったんですが、深夜に霙(みぞれ)が降ってしまい、朝には各所で路面凍結してしまいました。
こうなると峠道などは危険になるので、凍結の心配が少ない国道の大垂水峠を越えて相模湖へ行くコースを選びました。

アプローチは危険と思われるルートは避けて、玉川上水路などは五日市街道に乗り換えるなどして、安全第一でゴールを目指します。


時間と共に日差しも強くなり、少しずつ暖かくなってきました。
路肩の凍結は次第に溶けてきましたが、日陰の箇所などはまだまだ凍っているので、注意、合図をしながら進みます。


いつも御用達の浅川サイクリングロードは、国道20号線を行く考えもありましたが、日向が多いので大丈夫ではないかということになり、いつも通り進むことにしました。
しかしまんまと凍結のトラップにはまり、リーダーが他のメンバーを巻き添えにして落車してしまいました。
幸い大事にはいたらなかったので、すぐに復帰できました。


峠に突入する前に高尾駅でいったん休憩を入れます。
ここはいつも登山客でいっぱいで、今回は初詣に訪れた人も加わって大変な賑わいでした。


高尾をあとにしてメインの大垂水峠のヒルクライムを開始します。
年始一発目なのでゆっくりペースになるかなと思いましたが、序盤からいいペースで上り初め、最終的にはいつものようにペースアップして、心拍数MAXでゴールしました。


峠からは新年にふさわしく、富士山がきれいに見えました。
きつかった峠のことなど忘れてしまいますね。


ダウンヒルも無事終えて相模湖に到着。
日差しいっぱいで暖かく、少し長めの休憩を取りました。

帰路は来た道をピストンで戻りました。
上り返しの峠はゆっくり行きましょうと申し合わせていましたが、やはり途中からアタック合戦が始まり、息を切らしてクリアとなりました。
今年もがんばれそうです!


カテゴリー: ロング

2019/12/22 奥多摩湖小河内ダム 最終ロング

2019年12月22日 曇 8℃(スタート時) 105.39km
コース 奥多摩湖小河内ダム

参加メンバー
じゃみー75・nao56・かさじ・barbar・けい・さおりん・you大・T上・リーダー



2019年最後のロングになりました。
毎年最後はなんとなく正丸峠へ行っていたんですが、今回は午後から雨の予報が出ていたので、できるだけ早く帰れそうな奥多摩湖小河内ダムをコースに選びました。

今年最後ということで、天気がイマイチの割に、たくさんのメンバーに集まっていただき、元気にスタートしました。


雨の降る気配は特にありませんでしたが、気温が全く上がらずなかなかの試練です。
こういう天気の日はペースも上がりがちで、比較的速いペースで淡々と目的地を目指します。

小河内ダムへの最後の上りにさしかかり、上りは速いペースで行くか、最後くらいはのんびり行くか考えていると、「ペース上げますよね?」という悪魔のささやきがあったので、思いっきりハイペースでヒルクライムを楽しみました。


2019年最後のショットになりました。

今年一年間、楽しいことも辛いこともいろいろありましたが、大きなトラブルもなく、みなさんと走ることができました。
また来年も引き続きよろしくお願いいたします。


カテゴリー: ロング

2019/12/08 時坂峠

2019年12月8日 晴 6℃(スタート時) 83.87km
コース 時坂峠

参加メンバー
nao56・じゃみー75・かさじ・omiemon・さおりん・リーダー



今週のロングもスタートは極寒になりました。
12月前半にしては気温が低めですが、日中は気温が上がるとのことなので期待を込めてロング開始!

今回のコースは近場の時坂峠。
夕方からバイクル恒例の忘年会を行うので、少しゆるめのコースを選びましたが、それでもしっかりと峠を越えるのがバイクル流です。


天気は快晴、ほとんど雲もなく、強い日差しに照らされて気温が上昇してきました。


かと思うと、日陰はひんやりと冷たい空気に覆われて、寒さが戻ってきます。


ぽかぽか陽気と震える寒さを繰り返していると、峠の麓に到着します。


時坂峠は約4kmほどの峠道。
今日は忘年会なのでゆる~く上るかと思いきや、序盤から一人のメンバーがアタックを仕掛け、つられるように他のメンバーもペースアップしてしまいました。


最後は仲良く峠を目指して、無事時坂峠に到着しました。


峠から眺めは絶景でした。
きつい坂を越えたあとのご褒美ですね。
みなさんお疲れ様でした!


カテゴリー: ロング

2019/12/01 都民の森

2019年12月1日 晴 7℃(スタート時) 115.88km
コース 都民の森

参加メンバー
BEA-BEA・じゃみー75・nao56・tao・omiemon・かさじ・ホリケン・T上・リーダー



いよいよ12月になり、今年のロングもあと残り数回になります。
だんだんと気温も下がってきますし、標高の高いところへはなかなか行きにくくなるので、今回は今年最後(予定)の都民の森をコースに選びました。

例年12月初めはまだあまり気温は低くないのですが、今回集合時の気温は7℃まで下がり、しかも雲の多い天気になったので、かなり寒さを感じました。
ウェアも一気に冬支度になり、寒さに震えながらスタートとなりました。


走り出すと体は温まってきますが、同時に風が体温を奪っていくのでプラマイゼロ。
というよりはむしろマイナスで、手も足もかじかんでしまいます。
下界がこんなに寒いのだから、都民の森はもっともっと寒いのでは・・・と、ちょっと不安になってきました。


拝島でいったん休憩を挟み、再び走りはじめる頃から急に天気がよくなりました。
日差しもたっぷりで暖かくなってきました。


五日市を過ぎて檜原街道に乗ると、日陰が多くなり、再び寒さが戻ってきました。
この辺りは霜が降りていたり、日向は暖かくなったり忙しいです。


檜原村役場を過ぎると、強い日差しに照らされて、今度は暑くなってきました。
朝の気温に合わせた冬支度で汗をかいてしまったので、途中でアンダーを脱いだり、ウォーマーを外したり調整も大変です。


数馬を過ぎると、いよいよ最後の上りに突入します。
前にいるメンバーにペースを合わせて上っていきますが、次第に集団がばらけはじめます。


最終的には孤独な自分との戦いになり、ゴールを目指します。


そして無事に都民の森に到着。
心配だった気温は問題なく、ぽかぽか暖かさを感じる陽気でした。
車もバイクも自転車もいっぱいで、今日もたくさんの人で賑わっていました。


カテゴリー: ロング

2019/11/17 柳沢峠

2019年11月17日 晴 12℃(スタート時) 176.1km
コース 柳沢峠

参加メンバー
BEA-BEA・tao・nao56・T上・ぶ~りん・リーダー



第3日曜日のバイクルロングは普段より長めに走るガッツリロングデー。
今回は「紅葉ライド」をテーマに柳沢峠を目指しました。

柳沢峠は奥多摩湖から更に山梨方面へ35kmほど進んだ先にある標高1,400mを超える第一級の峠。
長距離な上に、起伏がいくつもある難易度の高い超ロングになりますが、メンバーで楽しく挑んできました。

天気は快晴!雲一つない青空に恵まれました。
集合時間は気温が低かったので、試練のスタートになりましたが、時間と共に気温も上昇し、最高の自転車日和になりました。


市街地を抜け、青梅駅前を通過してしばらくすると大渋滞が発生しています。
青梅街道と並行する吉野街道が一ヶ月前の台風の影響で通行止めになっているところに、紅葉シーズンで車が押し寄せ渋滞になっているようです。
奥多摩大人気ですね!


奥多摩湖への約5kmのヒルクライムをこなし、奥多摩湖小河内ダムに到着すると、お猿さんの群れに遭遇しました。
この辺りではあまり見かけたことがない、珍しい光景でした。
人の集まるところは食べ物も豊富なんでしょうかね?


奥多摩湖の山もきれいに色づいていました!


小河内ダムで小休止したあとは湖畔から再スタート。
こちらも台風の影響で、未だに水が濁ったままです。


丹波山まで進んでいくと、山がどんどん大きくなってきます。
見た目はそれほどでもない勾配に感じますが、意外と傾斜がきつく、ここまでの疲労も重なって、なかなか前に進みません。


いくつもの起伏を超えたあと、最後の試練は柳沢峠に向かう約12kmのヒルクライム。
何度も訪れている上りですが、決して慣れることはなく、いつもと変わらずきつい坂に苦戦を強いられます。
とにかくひたすらペダルを漕ぎつづけるのみ・・・。


ようやくゴールの柳沢峠が見えてきました。
長い長~い試練から解放される瞬間です。


峠に到着すると、くっきりと富士山が出迎えてくれました。
最高に癒やされました~!


しばらく休んで落ち着いたところで記念撮影。

今回、目的の紅葉を見ることができ、雄大な富士山も見られ、思う存分走れ、最高の超ロングになりました。
みなさんお疲れ様でした!

このあと奥多摩湖までは極寒のダウンヒル、青梅からのナイトランを経て、無事に帰路につくことができました。


カテゴリー: ロング

2019/11/10 奥多摩湖小河内ダム

2019年11月10日 晴 12℃(スタート時) 104.81km
コース 奥多摩湖小河内ダム

参加メンバー
BEA-BEA・tao・nao56・ぶ~りん・さおりん・T上・barbar・リーダー



11月も半ばになり、集合時の気温が下がってきました。
天気予報では日中は気温が上がるといっていますが、朝の冷え込みがきつく、ウェア選びもかなり迷いました。
メンバーによっては半袖にアームカバー、ニーウォーマーという出で立ちから、長袖ジャージにレッグウォーマー、ウィンドブレーカーまで、色とりどりとなりました。
玄関からの出だしか、日中の暖かい時間帯のどちらにポイントを置くかで装備も変わりますね。

今回のコースは最近よく訪れる奥多摩湖小河内ダム。
今の時期は紅葉が始まっているので、景色も期待しつつスタートしました。


約30分ほど走って多摩湖に着く頃には、気温も上がってきて、体も温まってきました。
天気は雲一つない快晴で、最高のサイクリング日和です。


青梅市街地を抜けた辺りでいったん休憩&補給を挟んで、再び走り始めます。
山の色も少しずつ色付き始めていますね。


奥多摩湖まではいくつかのトンネルをくぐっていきます。
ライトとテールライトを点灯させて、安全走行で進みます。

無事奥多摩湖小河内ダムに到着しました。
紅葉は始まっていますが、まだまだ見頃は先のようでした。


カテゴリー: ロング

2019/11/03 都民の森

2019年11月3日 曇 16℃(スタート時) 114.7km
コース 都民の森

参加メンバー
nao56・ホリケン・omiemon・さおりん・リーダー



バイクルロングは毎週コースを変えて行いますが、今回は珍しく前回と同じコースの都民の森を選びました。
メンバーが先週と違うことと、まだ台風の影響による通行止め箇所が多いということを考慮してコース決定しました。

集合時の天気はぱっとしない曇り空で、気温の割に肌寒く感じられました。
都民の森は標高が高いので、気温が少し気になりましたが、元気にスタートしました。


拝島~武蔵五日市と繋いで檜原村役場手前でいったん休憩。
ここはバイクル御用達の休憩ポイント。
ここまでちょっと速いペースできたので、それなりに体が温まりました。


橘橋の採石場前の道路も急ピッチで作業が行われています。


橘橋からの檜原街道に乗ると、雲が切れて日が差してきました。
気温も上昇して軽く汗ばむほどです。


都民の森数百メートル手前のもみじはきれいに紅葉していました。
ここまでかなり上ってきて、心も体もいっぱいいっぱいなので、見ている余裕はあまりないのが残念です。


そして今日も無事に都民の森に到着。
心配していた気温の方は、日差しのおかげで問題ありませんでした。


カテゴリー: ロング

2019/10/27 都民の森

2019年10月27日 曇 18℃(スタート時) 114.71km
コース 都民の森

参加メンバー
ホリケン・じゃみー75・さおりん・omiemon・T上・リーダー



10月は大型の台風や大会出場などが重なり、久しぶりのロング開催になりました。

関東地方も台風の影響により通行止めになっている箇所が多く、走れるコースが限られています。
檜原方面も道路が決壊して通行止めになっていましたが、迂回路ができて走れるようになったとメンバーから情報をいただいたので、応援を兼ねて訪れてみることにしました。


普段は穏やかな水流の玉川上水は、かなりの水量で水も濁っています。


檜原街道は路肩を土のうで仕切って排水処理をしています。


秋川は濁流状態で、ものすごい流れになっています。


橘橋の採石場の前の道路は数十メートルにわたって決壊しています。
採石場の一部を迂回路にして、通行できるようになっていました。


都民の森への上りはいつもと変わらぬ景色。


そして無事に都民の森に到着できました。
いろいろな面で感謝ですね。


奥多摩はいよいよ紅葉が始まりました。
これからが楽しみです。


カテゴリー: ロング