ロング」カテゴリーアーカイブ

2019/02/03 山伏峠

2019年2月3日 晴 6℃(スタート時) 100.9km
コース 笹仁田峠~山王峠~山伏峠~山王峠~笹仁田峠

参加メンバー
じゃみー75・BEA-BEA・tao・omiemon・かさじ・T上・リーダー



数日前に関東地方は雪が降りまして、バイクル御用達の峠道は殆どが雪で通行できない状態になってしまいました。
その中でもなんとか走れそうなところを探していると、山伏峠はある程度雪が残ってはいるものの大丈夫との情報があり、今回は山伏峠と山伏ベースを目標にして、元気にロングスタートしました。

天気は快晴で、朝のうちは冷え込みましたが、午後は春の陽気になるとのこと。
時間と共に気温は上昇し、気持ちいい自転車日和になりました。


ロングでは途中で必ずコンビニ休憩を挟みます。
疲労軽減のための休憩を兼ねて、補給食の購入やトイレを借りたりできるので、コンビニは本当にありがたいオアシスです。


今回のロング、市街地辺りからなんだかペースが速いです。
アプローチの山王峠もペースを緩めずしっかりとしたペースで上っていきます。


山王峠を越えたところで、確実に息が上がっているメンバー達。
いつもは徹底的に温存するんですが・・・。


山伏峠の麓名郷に近づくと、路肩が凍っているところが何カ所かありました。
峠道が大丈夫か気になります。


メインの山伏峠を上り始めると早々に路肩に残雪が現れました。
果たして峠まで無事たどり着けるでしょうか!?


峠に近づくにつれて路肩の残雪が増えてきました。
上りは殆ど問題ありませんでしたが、下り側は数カ所残雪で通りにくいところがありました。


足に疲労をいっぱいためて無事峠に到着。
この先の正丸峠は雪により閉鎖されているようです。


本日2つ目の目的、山伏ベースまで下ってきました。
ここはコンビニとはまたひと味違ったオアシス。
サイクリストに特化したサービスが満載です。


最近は食べ物のメニューも増えたので、今日はここでランチタイム。
居心地が良すぎて時間を忘れてしまいました。


帰路も元気いっぱいに走りました。
上り返しの峠も手を抜かず、おなかも足もいっぱいのロングになりました。


カテゴリー: ロング

2019/01/27 大垂水峠~相模湖

2019年1月27日 晴 3℃(スタート時) 81.8km
コース 大垂水峠~相模湖~大垂水峠

参加メンバー
BEA-BEA・tao・じゃみー75・T上・ルブラン・リーダー



集合時の気温はバイクル温度計で3℃を記録。
今年一番寒いスタートになりました。
天気予報では強い風が吹くと言っていましたが、早朝はほぼ無風だったので助かりました。


天気は雲ひとつない快晴。
お日様が上がるにつれて気温も上昇傾向で気持ちよく快走します。


玉川上水路~多摩大橋通り~浅川サイクリングロードを進みます。
浅川サイクリングロードはぽかぽか陽気で、たくさんの人がお散歩やランニングなどを楽しんでいました。


高尾を過ぎると大垂水峠への上りが始まります。
峠道は日陰が多いので、気温がぐぐっと下がります。
上り始めは勾配が緩いのでペースを上げてしまいがちですが、ここで上げてしまうと後半が持ちません。
大人の走りで前半を抑えて走り、中間から後半にかけてペースを上げて峠を越えました。


大垂水峠で富士山をバックに一枚。
この時期の富士山は雪をいっぱい被って大きく見えます。


無事相模湖に到着してもう一枚。
建物のガラスの反射が女優ライト効果を演出して、みなさんキレイです!


カテゴリー: ロング

2019/01/20 初詣ラン

2019年1月20日 晴 6℃(スタート時) 95.2km
コース 子ノ権現

参加メンバー
BEA-BEA・yoshi-ken・じゃみー75・tao・ぶ~りん・さおりん・barbar・T上・ルブラン・バイクルママ・リーダー



今回のロングは、1月の恒例行事、初詣ランを行いました。

バイクルでは毎年はじめに、飯能の子ノ権現を訪れます。
子ノ権現には足腰に御利益のある神様が祭られており、一年間の無事を祈願しに参拝しに行きます。
足腰に御利益があるだけあって、子ノ権現へ行くにはきつ~い坂を上らなければたどり着かず、この試練に毎年みんなで挑んでます。


走り出しは多摩湖サイクリングロードを進み多摩湖を目指します。
普段から御用達のコースですが、初詣ランということで、いつもとちょっと違った感覚になります。

毎年この時期は雪が降ることが多く、山道の路面状況などの心配がつきないのですが、今年は事前に雪など降らず、路面の心配無しにスタートが切れました。


多摩湖からは狭山茶処を抜けて飯能を目指します。
市街地は交通量が多いので、集団をいくつかに分けて進みます。


飯能では大里屋さんに立ち寄るのも毎年恒例。


銘菓「四里餅」という名の大福をみんなで美味しくいただいて、尻餅着かずに走ります。


四里餅のあとは武蔵台の丘を超えて、国道299号線に抜け吾野方面を目指します。
国道299号線は西武秩父線に沿った国道で、交通量が多く、所々中央分離帯などがあって車に気を遣うポイント。
起伏も多く、知らず知らず疲労が蓄積されていきます。


西武線の西吾野駅を過ぎた辺りで国道299号線と別れ、しばらく進むと上りの麓に到着。
これから始まる試練に備えます。


小休止したあと、子ノ権現への激坂ヒルクライムを開始。
約3kmの試練が始まりました。


上り始めからかなりの勾配ですが、序盤は足を温存しながら上ります。
しばらくは会話をしながら上ってますが、だんだんと皆無口になってきます。
集団は徐々にばらけはじめ、それぞれのペースに切り替えます。

残り2km・・・1kmと進んでも勾配はきついまま。
しかも残り600m辺りからは更に勾配が増し、きつい足に追い打ちをかけます。


残り数十メートルは最大斜度に達します。
限界を超えた足に更に負荷がかかります。
最後は渾身の力を込めてようやくゴール。


全員無事にきつい上りをクリアして記念のショットです。
本当にお疲れ様でした!


上りきったあとは、参拝前に腹ごしらえ。
サポートカーに積み込んでいたお弁当を広げ、談笑しながらの補給タイム。
毎年一番癒やされる瞬間です。


そして目的の子ノ権現へ無事に参拝して、一年の祈願を行いました。
みなさん、今年もがんばりましょう!
よろしくお願いします。


カテゴリー: ロング

2019/01/13 顔振峠

2019年1月13日 曇 6℃(スタート時) 96.2km
コース 顔振峠~東峠~山王峠

参加メンバー
じゃみー75・BEA-BEA・omiemon・tao・さおりん・かさじ・T上・リーダー



年が明けたばかりでまだまだ体は鈍ったままですが、今回のロングは激坂コースの顔振峠へ行ってきました。
時期的にゆるめのコースを選ぶのが普通なんですが、来週行う初詣ランに備えて、きつい坂に体を慣らしておきましょうということでコース決定しました。

前日に雨が降ったり雪がちらついたりしたので、スタート時の路面はウェット状態。
天気はどんよりとした曇り空で、寒さに耐えながらスタートしました。


アプローチは多摩湖~狭山湖を抜けたあと西へ進み、その後八高線沿いに北上します。
天気は一向によくなる気配はなく気温も低いままです。


飯能でいったん休憩を入れたあとは国道299号線に乗り換えます。
299号線は道幅がそれほど広くなく交通量も多いので、集団を3つに分けて進みます。
峠入り口の吾野まではちょっと気を遣うポイントです。

天気は急激に変わり、雲が切れて晴れ間が広がってきました。
気温も上昇傾向で寒さも和らぎ、かなり楽に感じます。


峠の麓に到着し、ウィンドブレーカーを脱いだりして上りに備えます。


そして顔振峠への激坂ヒルクライム開始します。
年末年始で鈍った体のリハビリ中なので、かなりの試練になりましたが、それぞれのペースでヒルクライムを楽しみました。


無事峠に到着して、安堵のショット。
峠の茶屋でちょっとゆっくり休憩をして次の峠を目指します。


まず最初の上り返しは東峠。
距離も勾配もそこそこあってそれなりに追い込める峠です。


続いて山王峠はバイクル御用達の上り返し。
距離は短めですが傾斜がきついので、ほとんどスプリント状態。
このあと締めの笹仁田峠を越えて、本日の峠を全てクリアしました。

1月中旬にして、かなり充実した内容のロングになりました。


 

 

カテゴリー: ロング

2019/01/06 奥多摩湖小河内ダム(初ロング)

2019年1月6日 晴 6℃(スタート時) 105.7km
コース 奥多摩湖小河内ダム

参加メンバー
BEA-BEA・じゃみー75・tao・omiemon・さおりん・かさじ・さく・リーダー



2019年最初のロングは、定番コースの奥多摩湖小河内ダムへ行ってきました。
年末年始でしっかりとエネルギーを蓄えた体のハビリを兼ねて、のんびりツーリングするのが毎年恒例になっています。

集合時間になるとぞろぞろとメンバーが到着。
新年の挨拶を交わし、年末年始のことなどをしばし談笑したあと、元気にスタートしました。

天気はよく日差しも強かったんですが、とにかく寒くてたまりません。
前日の走行会より気温は高く霜も降りていなかったんですが、風がそよいでいたので、体感気温がかなり寒く感じました。


年始一発目なのでのんびりツーリングというつもりでしたが、アプローチの巡航速度が徐々に上がっていきます。
先頭交代を何度か繰り返し、距離を進めてもペースが落ちる気配はなく、青梅まで進んだ辺りで疲労の色が見え始めました。
これでは危険と思ったので、青梅で予定外の休憩を入れました。


青梅の休憩では無事にリフレッシュ完了。
強い日差しも差し込んで気温も上がってきました。
さらに、青梅市街地辺りではサングラス越しに部分日食も見られて、ツーリング気分も高まってきました。

古里まで進んだところで2度目の休憩を入れ、ペースを整えて先を目指します。
日差しもあって順調に進んでいましたが、城山トンネルを抜けた途端に景色は一変、辺り一面霜だらけになっていました。
太陽は雲に隠れ気温もかなり下がってしまい、今日一番の試練でした。

小河内ダムへの上りも所々霜が降りていて、今年初のヒルクライムは極寒でスタート。
開始早々はそれほどペースも高くなく進んでいましたが、しばらくすると我慢できないメンバーが果敢にアタックを開始します。
これを追いかける展開で一気にペースアップし、中盤から後半にかけてもペースが落ちることなく、限界ギリギリまで追い込んでゴールとなりました。


無事奥多摩湖小河内ダムに到着して、2019年の初集合写真。
今年も一年間よろしくお願いします。


帰りは青梅の担々麺杉山さんに立ち寄ってランチをいただきました。
冷え切った体に、ピリ辛のスープがガッツリ効きました。


 

カテゴリー: ロング

2018/12/23 山伏峠~正丸峠(最終ロング)

2018年12月23日 曇 12℃(スタート時) 129.6km
コース 小沢峠~山伏峠~正丸峠~山伏峠~山王峠

参加メンバー
かさじ・じゃみー75・tao・BEA-BEA・ホリケン・さおりん・T上・さく・リーダー



2018年のロングも今回でいよいよ最後になりました。
コースは毎年お決まりの山伏峠~正丸峠。
バイクルでは一番よく訪れる超定番コースです。

天気はあいにくの曇空になりましたが、気温はそれほど低くなく、比較的楽にスタートできました。


市街地を抜けた辺りから、ぐっと気温が下がってきました。
凍えるほどではありませんでしたが、スタート時より確実に気温が下がった感じです。
ゆっくりコンビニ休憩をしていたら、すっかり体が冷えてしまいました。


今回アプローチの峠越は小沢峠を選びました。
緩やかに始まり、徐々に勾配が増していき、最後は10%越の斜度になる難所です。

最後の勾配がきつくなる手前では、野生のニホンカモシカに遭遇しました。
この辺りではよく見かけますが、ぞろぞろと自転車に乗った不思議な生き物が通り過ぎる様を不思議そうに見送っていました。


久しぶりに小沢峠で集合写真を撮りました。
いつもは通過してしまいますが、みんなが初心者の頃はよく写真を撮っていたんです。
今回は初心に返ってパチリ。


いよいよ今年最後のヒルクライムを開始、山伏峠~正丸峠まで通しで上ります。
最後くらいはいろいろ語り合いながらのんびり上るかなと思っていましたが、やっぱりいつもと変わらないペースになりました。
正丸峠への上り返しも妥協せずいつものペースで上って、今年最後のヒルクライムを締めました。


2018年最後の峠ショット!
正丸峠の碑がきれいにリニューアルされていました。


せっかくなので、最後に奥村茶屋さんの正丸丼をいただきました。
おばちゃんにも挨拶できてスッキリ。

2018年のロングは計42回になりました。
いろいろなところへ行き、いろいろなことがありました。
そして来年もみなさんと楽しく走りたいと思いますので、懲りずによろしくお願いします。


カテゴリー: ロング

2018/12/16_シロクマパン

2018年12月16日 晴 5℃(スタート時) 93km
コース パン工房シロクマ

参加メンバー
かさじ・じゃみー75・tao・ぶ~りん・さおりん・T上・リーダー



12月の第3日曜日は、夕方からクラブの忘年会を行うので、その前のロングはゆるめに走るのが恒例です。
コースはここ数年定番になっている、パン工房シロクマさんまでのグルメライド。
細かい起伏はありますが、大きな峠のないフラットコースをのんびり走ってきました。


スタート時の気温は5℃と、今シーズン一番の冷え込みでした。
天気も曇ベースになったので、体感気温もかなり低く寒くてたまりません。


飯能辺りまで走ると、ようやく雲の切れ間からお日様が覗くようになってきました。


飯能からは県道30号線を北上。
八高線沿いにのどかな町並みをいくつかパスしてきます。


シロクマパンを目前に、越生駅に立ち寄りました。
趣のある駅舎が出迎えてくれて、ツーリング気分が高まります。
(本当は公衆トイレを借りに寄りました)


そして目的のシロクマさんに無事到着。
たくさんのパンに目移りし、少し多めのランチをいただきました。


狭山湖まで戻ると日差しのコントラストが絶妙だったので、思わず休憩してしまいました。
峠のないロングもたまにはいいものですね。


カテゴリー: ロング

2018/12/02 天目指峠~正丸峠

2018年12月2日 晴 10℃(スタート時) 109.9km
コース 山王峠~天目指峠~R299~正丸峠~山伏峠~山王峠

参加メンバー
BEA-BEA・じゃみー75・tao・omiemon・barbar・you大・T上・さく・リーダー


12月最初のロングになりました。
今年のロングもあと数回なので、どこへ行こうか悩みました。
定番コース、激坂、普段行かないコースなどなど、いろいろ案が出ましたが、今回は天目指峠から国道299号線に抜けて、正丸峠を越えるコースに決まりました。

天気は、予報では晴れ間も覗くとのことで、比較的過ごしやすい陽気になるという感じでしたが、実際には曇ベースで気温はそれほど上がらず、ほぼ一日寒さを感じながらのライドになりました。


小平から多摩湖~市街地を抜けたあとは、最初の難関、山王峠を越えます。
いつもはゆったりしたペースで上るんですが、今回はなぜかかなりのハイペース。
メインの上りの前に、もう一つ峠を越えなければならないのに、こんなペースで大丈夫なのか!?


山王峠でしっかり足を削ったあとは天目指峠越えがまっています。
この峠は、名栗川沿いから国道299号線へと抜ける生活道のひとつ。
道幅が狭く、車通りも少ないひっそりとした峠道です。


天目指峠はバイクルロングでメインの上りになることはなく、次の上りへのアプローチに通過する峠道。
上り距離は約3kmとそれほど長くないのですが、中盤から後半にかけて勾配がきつくなるので、体力の温存をしにくい難コースなんです。
しかも普段あまり訪れることもないので、コースを覚えていないメンバーも多く、苦難が予想されます。


上り始めは会話しながらゆったり上りましたが、徐々に集団がばらけます。
このあとまっているメインの上りに備えペースを控えたり、後先考えずにペースを上げたり、前を行くメンバーに釣られて走ったりと、それぞれのペースになりましたが、峠に到着すると、皆一様に疲労困憊してました。


峠を越えたあとは国道299号線を進み、正丸峠の麓を目指します。
ここは峠と峠のつなぎなんですが、けっこう傾斜がきつくて休むことができませんでした。


正丸峠の上り口に着くと、ほぼ休みなくヒルクライムスタートしました。
足並みが揃う前に、やる気満々の先頭二人がペースを上げて抜け出します。
後続はあっけにとられて、引きずられるようにペースアップ。
結局3つの上り全てで力を使い果たしました。


正丸峠を上り終えて、ふらふらのショット!
お疲れ様でした。


今回もランチは奥村茶屋さんで正丸丼をいただきました。
正丸丼は、疲労しきった体に最高の回復グルメですね。


カテゴリー: ロング

2018/11/25 都民の森

2018年11月25日 晴 10℃(スタート時) 119.7km
コース 都民の森

参加メンバー
omiemon・BEA-BEA・tao・じゃみー75・ぶ~りん・さおりん・T上・リーダー



バイクルロングの定番コース、都民の森へ行ってきました。
都民の森は標高が高いので、冬場は足が遠のくため、行けるうちにということでコース決定しました。

天気は晴天の自転車日和になりました。
先週のロングは寒さに凍えながら走ったので、今回は気持ちよく走れそうです。
ただ、朝のうちはかなりの冷え込みだったので、ウェア選びに少し時間がかかりました。


小平からは玉川上水路を通って拝島まで進みます。
季節はすっかり紅葉の季節。
拝島付近にある銀杏並木も見事に色づいてました。


拝島~五日市を経て檜原街道を進みます。
市街地を離れ、見所の多いポイント。
気温も上がってきたので、ツーリング気分が高まります。


数馬で小休止したあと、都民の森へ約5kmのヒルクライム。
冬に向かって体が鈍るので、少し追い込んで上りました。
地元のお母さんもがんばって上ってましたよ。


無事都民の森に着いていつものショット。
思っていたより気温が低くなくて過ごしやすかったです。


今年最後の都民の森になるかもしれないので、ランチは数馬の湯でゆったりといただきました。


カテゴリー: ロング

2018/11/18 白石峠~グリーンライン

2018年11月18日 曇 15℃(スタート時) 128.9km
コース 小平~多摩湖~飯能~都幾川~白石峠~グリーンライン~顔振峠~東峠~山王峠~多摩湖~小平

参加メンバー
BEA-BEA・じゃみー75・かさじ・さおりん・tao・T上・リーダー



第3日曜日の今回は、いつもより長めに走るガッツリロングデー。
コース選びは秋のグルメツーリングをテーマにいくつか候補が挙がりましたが、パン工房シロクマさんが約1ヶ月ぶりにお店を開けるとの情報を得たので、シロクマパン経由で白石峠~ベラビスタさんでランチというプランに決定しました。

天気はあいにくの曇り空。
予報では時々日が差すとのことでしたが、殆どお日様は姿を現さず、肌寒い一日になりました。


小平から多摩湖を経由して、狭山茶処を抜け飯能方面を目指します。
この辺りは起伏はそれほど無く、交通量もそれほど多くないので、気持ちよく走れるポイント。
空気がよく、景色もいいので、ツーリング気分が高まります。


飯能でいったんコンビニ休憩を挟んだあとは、八高線沿いを北に進みます。
のどかな町並みをいくつも走り抜けていきます。


パン工房シロクマさんに到着しました。
久しぶりの営業とのことですが、いつもと変わらずお客さんがいっぱいで大盛況でした。
バイクルでも都幾川方面に来るときは必ず立ち寄るポイントなので、いつまでも営業を続けて欲しいなぁと思いました。


シロクマさんで補給を終えたあとは、本日のメイン白石峠にアタックします。
白石峠はサイクリストにも人気の峠道。
道のり約6.3kmで平均勾配約8.5%も上る難易度の高い峠ですが、
週末になるとたくさんのサイクリストが訪れます。


峠も後半戦、標高が上がってくると景色を見渡せるポイントもいくつかあります。
必死に上っているのでそれどころではありませんが、紅葉もきれいでしたよ。


遠くの景色だけではなく、峠道もきれいなポイントがいくつかありました。


無事に白石峠に到着しました。
上りでのダメージが大きかったので、少し長めに休憩を取りましたが、
体が冷えてきたので、先を目指して走り出します。


白石峠からはグリーンラインを進みます。
グリーンラインはいくつもの峠を結ぶ稜線で、起伏の多いコース。
標高が高いので、夏は涼しくていいのですが、今日は寒すぎです。
まずは大野峠を通過。
ここはグリーンラインの最高地点で、標高約850m。


刈場坂峠に到着しました。
ここでは景色が展望できるのでいい休憩ポイントですが、寒くて仕方ないので写真だけパチリ。


グリーンラインを下っていく途中で、バイクル御用達のベラビスタさんでランチをいただきました。


ベラビスタさんは峠を越えて疲れ切った体に、最高の癒やし空間。
味もとても美味しく、メンバーみんなのお気に入りです。


無事に顔振峠まで下りてきました。
ここでグリーンラインを外れ、国道299号線に下り、東峠~山王峠~笹仁田峠もガッツリ超えて帰路に就きました。
秋のグルメツーリング、みなさんお疲れ様でした。


今週もおまけ。
またまた今回もパンクがありました。
タイヤのチェックはちゃんとしておきましょうね!


カテゴリー: ロング