2020/01/19 子ノ権現 初詣ライド

2020年1月19日 晴 6℃(スタート時) 99.21km
コース 子ノ権現

参加メンバー
barbar・BEA-BEA・じゃみー75・tao・nao56・you大・omiemon・T上・ぶ~りん・さおりん・バイクルママ・リーダー



毎年恒例の年始行事、初詣ライドを行いました。
行き先は毎年お馴染み、足腰に御利益のある子ノ権現です。
子ノ権現へ行くにはきつく長い坂を上らなければならず、これをクリアして、一年間健康に走れるよう祈願を行うのが目的です。

初詣ライドを行うこの時期は雪が降ることが多く、毎年路面凍結に悩まされます。
なんと今年は前日に雪が降ってしまい、子ノ権現は5cmの積雪との情報が入り、半ば諦めかけました。
しかし当日は晴れの予報が出ているので、雪解けを期待し、行けるところまで行こうということで初詣ライド決行しました。


スタート時は路面も乾き、気温もそれほど低くなく元気にスタートできました。
多摩湖堤防を渡っているとき、いつもと違う風景に気づきました。


なんと、これから向かおうとしている山が真っ白くなっています。
わかっていながらも、かなり不安度が増してしまいました。


市街地は残雪などなく、時たま路面が白くなっている程度で、問題なく快走します。


飯能の大里屋さんに立ち寄るのも毎年恒例。


名物の四里餅を食べてパワーをつけます。


なぜか始まる四里餅撮影会!
大人気です。


補給を終えて、名栗川沿いを先へ進んでいくと、景色が変わってきました。
日の当たらない箇所の雪が溶けずに残っています。
峠道の残雪が気になってしまいます。


アプローチの天目指峠の麓に到着しました。
地元の方に聞いたら、何台も車が通っているので、峠は越えられるとのこと。
ほっと一安心でヒルクライムスタートしました。


上っていくにつれて雪深くなってきましたが、道路の雪は溶けていて、走るのには問題ありませんでした。
木の枝や葉に積もった雪や氷がぼたぼた降る中、無事峠まで上れました。


とりあえず一つ目の峠をクリアして、安堵のショットです。


天目指峠を下りると、子ノ権現の上り口に到着します。
ここまでなんとか来られましたが、子ノ権現への上りは大丈夫かと、期待と不安が交錯します。


いよいよメインの上りに突入します。
序盤はゆっくり会話をしながら上りはじめます。


しばらく進むと、やはり路肩には残雪がありました。
この程度なら問題なしで、どんどん上っていきます。


そして更に上っていくと、やはり雪がありました。
しかもかなりの量が道を塞いでいます。


雪道にチャレンジして乗ったまま行くメンバーもあれば、安全第一で押して歩くメンバーもあり、それぞれのやりかたで攻略しました。


雪がないところはいつものように走りますが、なんともリズムがつかみにくいヒルクライムになりました。


そして最後の激坂コーナーはまた残雪。
さすがにここはみんな押して上りました。


ということで、雪に悩まされながらも無事に子ノ権現に参拝できました。
今年は苦難に強い一年になりそうです。


カテゴリー: ロング パーマリンク